ミネストローネ
スープ

ミネストローネ

イタリア生まれの具たくさんのスープ、ミネストローネ。日本のお味噌汁のように、これといった決まったレシピはなく、季節の野菜をたっぷり入れて楽しむ家庭料理です。アメリカ東部にたくさん移住したイタリア人によってもたらされたミネストローネは、今ではアメリカでも一般的な家庭料理として親しまれています。アメリカのミネストローネの特徴は、たっぷりのトマト。スパゲッティーにしてもそうですが、いわゆるイタリアン・アメリカン料理というのは、トマトソースたっぷりというのが特徴のような気がします。

ここでは、一般的な野菜を使いましたが、残りものの野菜を使ったり、ズッキーニやじゃがいもを入れても良いです。キドニービーンズは他の豆でも代用できます。マカロニの代わりには、短く折ったスパゲッティーやお好みのショートパスタを使っても良いですね。

ミネストローネ
分量: 4-6
 
材料
  • オリーブオイル 大さじ2
  • ベーコン 50g (細かく刻む)
  • 玉ねぎ 1個 (粗みじん切り)
  • にんにく 1かけ (みじん切り)
  • セロリ 1本 (1センチ幅に切る)
  • 人参 1本(150g) (1センチ幅に切る)
  • いんげん 100g (2センチ幅に切る)
  • キャベツ ¼個 (300g) (2センチ幅に切る)
  • キドニービーンズ 1缶 約400g (15oz)
  • トマト缶(ダイスカット) 1缶 約400g (15oz)
  • トマトソース缶 1缶 約400g (15oz)
  • チキンブロスかベジタブルブロス(または水溶きコンソメ) 600ml
  • 塩 小さじ1/2
  • こしょう 小さじ1/4
  • オレガノ  大さじ2
  • ベイリーフ 1枚
  • マカロニ 100g
  • パセリ&パルメザンチーズ 飾り用 少々
作り方
  1. 厚手の鍋にオリーブオイル大さじ1を熱し、ベーコンをかりっとするまで炒める。残りのオリーブオイルと玉ねぎ、にんにく、セロリを加え玉ねぎが透明になるまでよく炒める。
  2. 人参を加えてさらに3分ほど炒める。
  3. いんげん、キャベツ、キドニービーンズ、ダイストマト、トマトソース、チキンブロス、オレガノ、ベイリーフ、塩、こしょうを加える。沸騰後、弱火にしてふたをし、野菜が柔らかくなるまで20分煮込む。
  4. マカロニを加え、さらに10分ほど煮込む。
  5. 味見をしてから塩こしょうで味をととのえ、器にもり好みでパルメザンチーズとパセリを飾る。

 

 

ミネストローネ作り方

ステップ2

ミネストローネ作り方

ステップ3

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

コメントはありません

コメントを残す

Rate this recipe: