DSC01633
イーストブレッド, パン

シナモンロール

日本でもおなじみのシナモンロール。友人が「かもめ食堂」のレシピで作ったところ、甘くなかった、らしいです。北欧のとは違い(?)、アメリカのシナモンロールはめちゃめちゃ甘い。わたしにはそれがおいしかったりするんですが。

このレシピは今わたしがはまっている、ピーターラインハート(Peter Reinhart)のレシピで、何だろ—、とにかくおいしいんです。彼の全粒粉のパンのレシピ本を製菓学校時代の友人に薦められて何冊か買ってみたんですが、レシピもさることながら、彼のうんちくがおもしろい!おたくもここまで極めると尊敬の域に達します。知識や技術だけでなく愛情も感じられるのが珍しいレシピ集なんです。

アイシングをかけると結構甘いんですが、シナモンロールですもん、やっぱり甘くなきゃいけません。ちょっと時間がかかるので週末のブランチにでも是非お試しください!

シナモンロール
分量: 12個
 
材料
  • 中力粉 3カップと大さじ1(397g)
  • 塩 小さじ1
  • 砂糖 大さじ3
  • インスタントイースト 小さじ2½
  • 牛乳(人肌に温めたもの) 1カップと大さじ1 (255cc)
  • バター(溶かしたもの) 1/4カップ(57g)
  • レモンオイル (レモンの皮の摩り下ろしでも) 小さじ1/4
  • *****
  • シナモン 大さじ1½
  • 砂糖 1/2カップ (100g)
  • 溶かしバター 適量
  • クリームチーズフロスティング(別レシピ) 適量
作り方
  1. ボールに牛乳とイーストを入れかき混ぜる。
  2. 中力粉、塩、砂糖、レモンオイルを合わせ、バターとともに1の牛乳液に入れ、スタンドミキサーであればフックをつけて低スピードで、手ごねであれば大き目のまな板の上で4分こねる。
  3. スピードを上げてさらに5分、弾力が出て、手にべたべた生地がつかなくなるまでこねる。ラップをかぶせ一晩寝かせる(4日間までOK)。
  4. 冷蔵庫から出し2-3時間おいて室温に戻す。
  5. 生地を30cmX38cmの長方形で7mmから10mmの厚さにのばす。
  6. のばした生地の表面にバターをぬり、シナモンと砂糖をあわせたものを均等にふりかける。
  7. 長い方の端から生地をまるめてうずまきを作り、最後を閉じる。12等分に切る。
  8. ベーキングシートをしいた20cmX30cmの天板に、2-3cm間隔にうずまきが見えるように生地をならべ、2倍に膨らむまで2-3時間おく。
  9. 予熱した175度(華氏350度)のオーブンで20-25分焼く。
  10. 粗熱が取れたら、お好みでクリームチーズフロスティングをぬる。

 

シナモンロール作り方2

ステップ2

シナモンロール作り方3

ステップ3

シナモンロール作り方6

ステップ6

シナモンロールつくり方8

ステップ8

 

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

9 コメント 9 件

  • 返信 MARI 2012年10月18日 at 3:44 AM

    こんにちは、初めまして。いつも楽しく見ています。
    ひとつ質問なのですが、この配合で作ってみたところこね上がりの生地がかなり固かったのですがそのまま冷蔵庫で3日後に焼いてみました。
    焼き上がりもとても硬く食感は通常日本のバターロールの2倍くらいの硬さでした。
    粉はAll Purpose Flourを使い、計量もアメリカ分量のcupを使ってます。
    シナモンロールは本来硬めのパンなのか、私の作ったものがダメだったのか知りたくて質問させていただきました。

    • 返信 Noriko 2012年10月18日 at 8:28 PM

      はじめまして!コメントありがとうございます。

      早速シナモンロールのレシピを見直しましたところ、バターの分量の間違いを発見しました。大変申し訳ありませんでした。本来なら1/4カップのところを1/2カップと表示しておりました。グラム表示は正しかったのでそのままに、カップの方を直ちに修正いたしました。大変ご迷惑をおかけしました。そして、ご指摘ありがとうございました。

      ただ、今回のバターの量の間違いとMARIさんの生地が固くなってしまったことは恐らく無関係ではないかと思われます。早速、間違った分量のバター1/2カップを使って同じレシピで実験してみました。結果、こね上がり、焼き上がり共に生地が取り立ててかたいということはありませんでした。特にこね上がりはバターの量が多かった分、やや柔らかめでした。

      ですので、生地がかたかったというのには他に理由があるだろうと思われます。例えば、イーストが古くイースト菌が死んでいた、または牛乳の温度が高すぎてイースト菌が死んでしまった、などです。イーストがきちんと働かなければ小麦粉のだんごのような伸びない生地になってしまいます。イーストが生きているかどうかは、イーストをぬるま湯に溶かし5分ほどおいて泡立ってくるか、で、テストできます。時間がかかるパン作りなので無駄にならないよう、作り始める前にイーストテストをするといいかもしれません。また、こねが足りない場合も膨らみが悪くなるので、合計約10分ほど(手順2と3)はしっかりとこねることをおすすめします。

      しかしながら、柔らかいかどうかというのは大変主観的なものですので、正確にお伝えするのは難しいです。日本のパンは非常にやわらかいものもありますので、ふわふわの日本のバターロールの2倍かたいのか、と聞かれれば、そうなのかもしれないなぁ、とも思います。家族と友達に試食をしてもらいましたが、特にかたいという感想はありませんでした。でも日本のパンのようにふわふわ~な食感ではないです。はっきりとご質問にお答えできなくてごめんなさい・・・。

      今回は、ご期待にそえるレシピではありませんでしたが、どうぞこれに懲りずにまた「おいしいアメリカ」に遊びにきてくださいね。これからもおいしいレシピを載せていけるようにがんばります!のでよろしくお願いします。

  • 返信 MARI 2012年10月20日 at 6:29 PM

    こんにちは、ご丁寧に教えてくださってありがとうございました♪
    リトライしてみます!
    こね上げはボッシュのドゥフックを使ったので、こねが足りない理由ではないのと思ってます(こね上げ温度も高いかな?って心配した程でした)
    それでも、こね上がった生地は硬かったので私が水分量を間違えてしまったのかと思ってました。
    イーストはサフを使ってて期限が来年の春でしたので気にしてませんでした、次回はテストしてみます。
    ありがとうございました^^♪

    • 返信 Noriko 2012年10月20日 at 7:10 PM

      MARIさん、
      お返事ありがとうございます。また挑戦してくださるとのこと、うれしいです!パン作りは時間と手間がかかる分、できあがりが良くないとがっかりしますよね。
      わたしはイーストは必ず冷凍保存をするようにしています。室温だと個包装のものでも賞味期限前のものでもちょっと心配なので必ずテストをします。
      また、このレシピも含め、家庭で作るパンは添加物が入っていませんので、どうしても翌日には市販のものよりかたくなる傾向があります。そのときは少し温めるといいように思いますが(でも電子レンジだとますます乾燥してしまうんですよね!)、わたしはできるだけ当日に食べるか、冷凍するかにしています。
      ではでは、がんばってくださいね!
      Noriko

  • 返信 Iku 2012年11月24日 at 10:55 PM

    始めまして。先ほどこちらのサイトを見つけ今目を通していたところです。私と境遇があまりにも似ていてびっくりしてコメントを書かせていただきました。
    私も高校卒業後、アメリカの大学に留学し、インテリアの仕事につきましたが、結婚し、妊娠をきっかけに仕事をやめ、今は専業主婦でテキサスに在住です。この間在米20年を迎えました。
    料理やお菓子作りが大好きで、学校に通おうか考えています。今私もPeter ReinhartのArtisan bread everyday という本をまた引っ張り出してきて読んでいたところです。彼はすごい極めていますよね。他にはJim Laheyさんのレシピや、もちろんマーサ、SarBeth LevineやJoanne ChangのFlourという本も面白いです。
    長いコメントすみません。あまりにも自分と似通っていて、読んでいる本も同じだったので、、、
    これからブログに定期的にお邪魔して読まさせていただきます。よろしくお願いします。

    • 返信 Noriko 2012年11月26日 at 12:03 AM

      Ikuさん、
      コメントありがとうございました。
      お菓子作り、楽しいですよね!わたしはラッキーにも製菓学校で、”The Professional Pastry Chef”の著者Bo Fribergが先生だったんです。学校はとても楽しかったですよ(学費は高かったけど!)。わたしは残念ながら仕事は続けられませんでしたが、今は家で趣味として楽しんでいます。
      実は日本で大学を卒業した後、留学したところがテキサスでした!偶然ですね~。留学時代を含むとわたしもアメリカ生活20年です。なんか不思議です~。ちっともアメリカになじんでない(笑)。
      ではでは、また遊びにきてくださいね。長いコメント大歓迎です!

  • 返信 yayoi 2013年4月21日 at 7:11 PM

    こんにちは♪
    シナモンロールのレシピを探していてこちらにたどり着きました(^.^)
    作る前に質問させてください!
    こちらのカップとはアメリカのカップのことですか?
    小さじ、大さじは日本と同じということですよね?(カップのところでグラム表示がない材料〈牛乳とシナモンと混ぜる砂糖〉があったもので迷ってしまいました)
    それから、初歩的なことだともうのですが、バターは無塩バターのことですか?

    ホームメイドなので多少の誤差はご愛嬌ってのはわかるのですが、失敗はしたくなかったので教えていただけると嬉しいです(^.^)

    Yayoi

  • 返信 yayoi 2013年4月21日 at 7:15 PM

    すみません!
    今したの方を見たら材料と計量の項目がありました!
    タブレットで見ていたので、見落としてました(涙)
    ごめんなさいm(__)m

    Yayoi

    • 返信 Noriko 2013年4月30日 at 1:53 PM

      解決して良かったです~。また遊びに来てくださいね~。

    コメントを残す

    Rate this recipe: