グリーンビーンキャセロール作り方
野菜

おいしいグリーンビーンキャセロール

グリーンビーンキャセロールとは、いんげんのクリームソース和えをオーブンで焼いたものです。これなしではアメリカンホリデーディナーは語れない、というほどの定番の副菜なのです。インターネットで、「祭日・副菜」で検索するとトップで出てくるほど、ホリデーシーズンには欠かせない一品です。

 

缶詰のクリームオブマッシュルームスープと、缶詰めのいんげんを混ぜ合わせ、そのうえから缶のフライドオニオンをかけてオーブンで焼く・・・全部缶詰めかいっ、って感じですが、結構美味しかったりするんです。道理でみんなが大好きなわけだ。今は新鮮ないんげんが一年中手に入るので、缶詰に頼らなくても大丈夫。あのクタクタな柔らかいいんげんもアメリカ人はノスタルジーを感じるんでしょうが、ここでは少しかために茹でてフレッシュな食感を楽しみます。缶詰のクリームオブマッシュルームスープも簡単なので手作りしちゃいます。フライドオニオンがあればもちろん使ってOKですが、オニオンパウダーで香り付けをしたパン粉でサクサク感は十分です。 サンクスギビングのターキーや、クリスマスのハムの付け合せ野菜にこのいんげんキャセロール・フレッシュバージョンを是非お試しください。

 

5.0 from 1 reviews
グリーンビーンキャセロール(いんげんのクリームキャセロール)
調理時間: 
調理時間(すべての過程): 
分量: 6人分
 
材料
  • いんげん 400-450g
  • マッシュルーム 7-8個
  • 玉ねぎ 小1/2個
  • バター 大さじ2
  • 中力粉 大さじ2
  • 牛乳 1½カップ
  • 塩 小さじ1
  • こしょう 適量
  • ***トッピング***
  • 生パン粉 1カップ
  • バター 大さじ2
  • オニオンパウダー 小さじ2
作り方
  1. トッピングを作る。フライパンにバターを熱し、生パン粉を入れて炒め、オニオンパウダーを加えきつね色になったら火からおろし、おいておく。
  2. いんげんは熱湯で1−2分ほど茹でてざるにあげる。食べやすい大きさに切る。
  3. マッシュルームは5mmほどに細かく刻み、玉ねぎはみじんぎりにする。フライパンでマッシュルームと玉ねぎをバターで5分炒める。
  4. そこに中力粉を入れ炒め、牛乳、塩・こしょうを加え、とろみがつくまで煮る。火からおろしいんげんを加え混ぜ合わせる。
  5. 耐熱キャセロール皿に4を入れ、180度(華氏350度)に予熱したオーブンで20-25分焼く。
  6. 焼き上がったらパン粉を上にかける。

 

 

グリーンビーンキャセロール作り方1

ステップ1

グリーンビーンキャセロール作り方3

ステップ3

グリーンビーンキャセロール作り方4

ステップ4

グリーンビーンキャセロールオニオンパウダー

フライドオニオンの代わりにオニオンパウダー

 

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

4 コメント 4 件

  • 返信 Tokiko 2011年11月28日 at 7:28 AM

    夫の実家で出てきたことがない!
    副菜の定番とは知らなかったわ~。 来年はきっと我が家での感謝祭。作るわ。
    って・・・・一年後か(>_<)

    • 返信 Noriko 2011年11月28日 at 9:01 PM

      クリスマスに作ってください!

  • 返信 yi 2012年12月1日 at 7:56 PM

    うちも夫の実家では出た事がなく、昨日早目のクリスマスパーティーで作ってみたら
    美味しくて大好評!あっという間に完売でした。

    おいしいレシピをありがとう^^

    • 返信 Noriko 2012年12月1日 at 8:49 PM

      yiさん、
      作ってくださってありがとうございます!簡単だけどインスタントより10倍はおいしいでしょ!(おいおい、言い過ぎ)
      楽しんでいただけて良かったです~。

    コメントを残す

    Rate this recipe: