ルーク(ニューオリンズ)
Yuko ブログ, おいしいアメリカブログ

Lüke (ニューオリンズ)

ニューオリンズ最後の夜、思い残すことのないようにと少しリサーチしてみたら、滞在していたホテルのすぐそばのセントチャールズ通り沿いにとても素敵なレストランがあるのを発見。それも、ニューオリンズをベースにする全米でも有名なシェフ、John Besh のレストランである。カジュアルに入れそうなビストロで、子連れでも行けるかなということで早速足を運ぶ。

このLüke(ルーク)というレストラン、ヒルトンホテルに隣接していて、フレンチクオーターからは少しはずれた静かなところにある。店の看板や店内の雰囲気も暖かみがあって和める。ダイニングルームの奥にはガラス張りのキッチンで、料理が出来上がっていくのを見ることができる。そのすぐ横のテーブルに席をついた。

オーダーしたのは、子供達にハンバーガー(大人サイズを2人でシェア)、夫は魚料理(種類は忘れた)、そして私は牡蠣とベーコンとアボカドののったサラダ。このサラダ、家でも再現できないかと一口ずつよく味わいながら頂いたが、かなりおいしい。ニューオリンズらしく軽くカラッと揚がった新鮮な牡蠣。それに、しっかりスモークされた上質のベーコン。少量のアボカドとこれまた上質なローメインレタス。良い野菜には、その素材の味がしっかりついている。クリーミーでもしつこくないドレッシング。うーん、カメラに味も記憶させることはできないかと思うほど、この味は新たな発見。家族の頼んだハンバーガーも魚料理も、どちらも美味だったよう。

そして、最後に記念すべき(!?)ブレッドプディング。ニューオリンズのデザートといえばこれ。注文してからオーブンに入れられ、表面が少し焦げるほどに焼かれたプディングは外はパリっとしてるが中はふわふわ。上からウイスキー風味のソースにバニラアイスクリーム。またまたカロリーたっぷりだけど、もうこれでなにも思い残すことのない素晴らしいニューオリンズ食の旅のフィナーレを飾った。

翌日からは、サンクスギビングデーを家族と過ごすためテキサス州ヒューストンの義理姉の家に滞在。木曜日のサンクスギビングデーまではサラダとお茶漬けだけでいい。

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

コメントはありません

コメントを残す