PB&J(ピーナツバターアンドジェリーサンドイッチ)
サンドイッチ・バーガー, パン

PB&J (ピーナツバター&ジェリーサンドイッチ)

アメリカの食文化はこれなしには語れません。Peanut Butter & Jelly Sandwich (ピーナツバターアンドジェリーサンドイッチ)、略してPB&J。日本人がおにぎりを食べて育つように、アメリカの子供達はPB&J を食べて育ちます。うちの子供達も例外ではなく、PB&Jが大好き(おにぎりも大好きですが。)学校の昼食でも、多くの子供達がこれをお弁当に持参します。最近はピーナツアレルギーの子供も増えていますが、それでもピーナツバターを禁止することはできず、学校はピーナツフリー(無し)といってピーナツアレルギーの子供達専用のテーブルを用意するほど。ピーナツアレルギーの子供達は、アーモンドバターを使ったり、小麦アレルギーの子供達は米粉を使ったパンを使ったりして、なんとしてでもこの味を食べさせたいという親の努力も見られたりもします。

ピーナツバターもジェリー(ジャムのこと)も、日本ではお馴染みの食材。なのに、この二つを組み合わせることは馴染みがないのでは。アメリカでは、ピーナツバターといえばジェリー。まさに、おにぎりといえば海苔が必要なのと同じくらいに、なくてはならない組み合わせなのです。

私が日本で育った頃は、ピーナツバターといえば甘みのあるピーナツクリームというのが主流でした。こちらでは基本的にピーナツバターには砂糖や甘味料は入ってなく、ピーナツの素材のみの味。なので原料にはこだわって、オーガニックのアメリカ産ピーナツと少量の塩のみを使った極々プレーンなものを使います。うちが使っているのは、コストコのオーガニックピーナツバター。実は、ピーナツバターは犬の大好物でもあり、犬もオヤツに食べたりするので、うちではかなりの量を消費するのです。ご察しのとおり、アメリカでは犬にとってもピーナツバターはとても一般的な味なのです。

ジャムは、一番一般的なのがグレープジェリー(ブドウのジャム)ですが、うちは誰もこれが好きではなく(甘すぎるので)、いつもイチゴジャムを使います。ジャムはイチゴでもラズベリーでもブドウでも何でもOKです。

PB&J (ピーナツバター&ジェリーサンドイッチ)
 
材料
  • パン 2枚
  • ピーナツバター 適宜
  • 好みのジャム 適宜
作り方
  1. パンの片面にピーナツバターをたっぷり塗り、その上にジャムを塗ってもう一枚のパンではさむ。

 

PB&J(ピーナツバターアンドジェリーサンドイッチ)

コストコの大瓶のピーナツバターとイチゴジャム。どちらもオーガニックのもの。

犬も大好きなピーナツバター

犬も大好きなピーナツバター。

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

2 コメント 2 件

  • 返信 yumi 2013年7月29日 at 12:06 AM

    まだ少女のころなので随分と大昔のお話になりますが、座敷ペタリ座り弟とお口をあけてアメリカのテレビドラマを見ていました、その時に缶でできたランチボックスからサンドウイッチをだし一口食べジェリーがはいいていないとパンを投げ捨てる様子を見たことを鮮明に覚えています、それはカーペンタースタイルのお腹が出たおじさんでした、一緒に入っていたリンゴがとても小さく見えアメリカのリンゴは小さいねなんて話をして・・・それを見ていた母が作ってくれたのはとってもとても甘かった、あのころのピーナッツバターはアイスクリームのカップのようなものに入った甘い甘いピーナッツクリーム、それとイチゴジャムでしたから・・・懐かしい思い出がよみがえりました、ありがとうございます

    • 返信 Yuko 2013年7月29日 at 9:20 PM

      アイスクリームのカップのようなものに入ったピーナツクリーム、懐かしいですね〜!昔は今みたいにインターネットなどの便利なものがなかったので、アメリカの映画やテレビドラマでみるごく普通のアメリカの光景がすっごく新鮮に見えたりしましたよね。私もそうでした。ピーナツクリームとイチゴジャムの味も、また甘い思いでの味なんでしょうね。

    コメントを残す

    Rate this recipe: