ピーカンパフ作り方
お菓子, クッキー

おいしいピーカンパフクッキー

わたしが初めてこのクッキーを食べたのはまだ日本にいたころ。夫の祖母がクリスマスクッキーを日本に送ってくれたことがありました。クリスマスの缶にとりどりのクッキー、その中にこのピーカンパフクッキーが入っていました。当時は知りませんでしたが、アメリカでクリスマス時期にクッキーを友人や親戚に送るというのはよくある慣わしなのです。初めての手作りアメリカンクッキーとナナ(おばあちゃんの意)の優しさに感動したのを今でも覚えています。


送られてくる途中、粉砂糖がかたまり、砂糖というよりホワイトチョコレートか何かのアイシングのようになっていました。ピーカンも日本ではまだ珍しかったので、そのかおりもかいだことのないものでした。何が入っているのかさっぱりわからなかったけど、とにかくそのおいしかったこと!また食べたいなぁと思っていたら、次の年からアメリカに住むようになり、それから毎年クリスマスはナナのピーカンパフを楽しめることに。食べるばかりで自分で作ろうともしないうちに、残念ながら祖母は亡くなりました。後に通った製菓学校でMexican Wedding Cookiesとしてその作り方を知りました。白くて丸い見かけから、スノーボールとも呼ばれています。でもわたしにとってこのクッキーはピーカンパフ。ナナがそう呼んでいたからです。外側が甘くて中がほろほろと口の中で溶けるような食感は、レシピは違えどナナのピーカンパフと同じ。このクッキーを食べると彼女のいたクリスマスを思い出します。

クリスマスクッキーの中では定番中の定番と言えるかもしれません。簡単に作れるので、今年のクリスマスにはこのピーカンパフ、ぜひお試しください。


ピーカンパフクッキー
調理時間: 
調理時間(すべての過程): 
分量: 30個
 
材料
  • ピーカンナッツ 3/4カップ(85g)
  • 中力粉 1¾カップ(225g)
  • 塩 小さじ1/2
  • バター(室温) 3/4カップ(170g)
  • 粉砂糖 1/3カップ強(45g)
  • バニラエッセンス 小さじ2
  • 粉砂糖(仕上げ用) 適量
作り方
  1. 乾煎りして小さく刻んだピーカン、中力粉、塩を混ぜ合わせておく。
  2. ボールにバターと粉砂糖、バニラを入れ電動ミキサーで白っぽくなるまで混ぜる。1を入れ、こねないようにさっくりと混ぜ合わせる。ラップをし、冷蔵庫で15分ほど休ませる。
  3. 生地を2つに分け、1つを30cmの長さの棒状にのばす。2cmづつに切り15等分する。もう1つの生地も同様に15等分する。
  4. 手のひらで丸め、ベーキングシートをしいた天板に2-3cm間隔でおく。
  5. 予熱しておいた175度(華氏350度)のオーブンで15-20分焼く。
  6. 焼きあがったら、まだ熱いうちにクッキーに粉砂糖をまぶす。

 

 


ピーカンパフクッキー作り方2-1

ステップ2-1

ピーカンパフクッキー作り方2-2

ステップ2-2

ピーカンパフクッキー作り方3

ステップ3

ピーカンパフクッキー作り方4

ステップ4

ピーカンパフクッキー作り方6

ステップ6

ピーカンパフクッキー作り方

さくっと、ほろほろ

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

2 コメント 2 件

  • 返信 けいママ 2013年6月20日 at 11:48 PM

    いつも楽しく拝見しています。

    さて、明日子どもの幼稚園のバザーなので、ピーカンパフをクルミで作ってみました。

    私が今まで作っていたレシピは、アーモンドプードルかクルミでも粉末状にして入れるものばかりだったので、小さくした粒状のクルミを入れるのは初めて。

    作っている時から早く食べたくて、食べたくて。

    出来上がってみたら、胡桃のコリコリが素敵!
    試食を食べた子どもたちももっと!もっと!の大合唱。
    あんまりおいしくてバザーで売る分がなくなりそう(~_~;)
    改めて自分のナッツ好きを痛感しました。

    バザーでも人気だといいなぁ…。

    次は本当にピーカンで作ってみますね。
    いつもおいしい素敵なレシピをありがとうございます*\(^o^)/*

    • 返信 Noriko 2013年6月21日 at 8:54 AM

      けいママさん、
      コメントありがとうございます。ピーカンパフクッキーおいしくて良かったです。くるみもおいしいですよね。ピーカンにするとまた風味が違っておいしいですよ。

    コメントを残す

    Rate this recipe: