ショートブレッド
お菓子, クッキー

ショートブレッド

バターたっぷりでサクサクした食感のショートブレッドクッキー。スコットランド発祥で、もともとクリスマスや祝い事の時に食べるクッキーだったとか。アメリカでもかなり一般的なクッキーで、市販のものも多く出回っていますが、やっぱり手作りは違います。バターがメインの材料がシンプルなだけに、そのまま食べてもおいしいバターを使って作りたいところです。砂糖は普通のグラニュー糖でも良いですが、ここでは軽い食感に仕上げるために粉砂糖を使ってます。粉は、ここでは小麦粉だけですが、一部をコーンスターチや米粉で置き換えて作ることで違った食感を味わえます。

このままでも十分おいしいですが、こういうところがアメリカンなのか、さらに焼きあがりをチョコレートにディップしてチョコがけのショートブレッドにしてみました。お好みのチョコレート(ダーク、ミルク、ホワイト等)を溶かしてかけるだけで見かけも華やかになります。ここの写真のホワイトチョコをかけたものには、クリスマスっぽくなるように、さらにミント味のキャンディーケーン(杖の形のキャンディー)をバリバリに割ったものをトッピングしてみました。

チョコレートをかけない場合は、オーブンに入れる前に生地の表面にグラニュー糖をふりかけて焼いてもおいしいです。

ショートブレッド
 
材料
  • 小麦粉 2カップ(260g)
  • 塩 小さじ1/4
  • バター 1カップ(226g)
  • 粉砂糖 1/2カップ(55g)
  • バニラエッセンス 小さじ1
飾り用
  • 好みのチョコレート 適宜
作り方
  1. 小麦粉と塩を混ぜてふるい、ボールに入れておく。
  2. 別のボールに室温に戻したバターを電動ミキサーにかけクリーム状にし、粉砂糖を加えてさらに混ぜ、バニラエッセンスを加えて混ぜる。
  3. 1.の粉類を2.のボールに入れ、電動ミキサーの場合引き続き材料がまとまるまで混ぜる。ミキサーを使わない場合は、木ベラで粉がバターになじむまで混ぜる。
  4. 3.を手にとり一まとめにし、少し平らな円形にまとめて冷蔵庫で最低30分休ませる(一晩休ませておいてもよい。)
  5. 冷蔵庫から生地を取り出し、軽く小麦粉をふるった粉の上で伸ばす。冷蔵庫に長時間置いていた場合は硬すぎることがあるので、そのときは10分ほど室温においてから作業する。
  6. クッキー型で抜く場合は、0.8-1cmくらいの厚さに伸ばし好みのクッキー型で抜く。型を使わず、長方形に仕上げる場合は、もう少し厚め(1.5cm-2cm)に伸ばし、よく切れる包丁などで好みのサイズの長方形に切り取る。その場合、フォークか竹串で生地の表面に穴を数箇所あけておく。好みの形に切ったクッキー生地をオーブンペーパーを敷いた天板にのせる。
  7. 度(華氏350度)に熱したオーブンで12分~20分焼く。厚さによって焼き時間が変わるので調整する。クッキーの端に軽い焼き色がつき始めた頃が出来上がり。網にのせて完全に冷ます。
  8. チョコレートをかける場合は、好みのチョコレートを刻み(またはチョコチップを使用)、湯煎にかけて溶かす。クッキーの片側に溶かしたチョコレートをかけ(またはつける)、ベーキングシートの上でチョコレートが完全に固まるまで乾かす。

 

 

ショートブレッド作り方

ステップ2

ショートブレッド作り方

ステップ4

ショートブレッド作り方

ステップ5 丸型に抜いたもの

ショートブレッド作り方

長方形のもの 焼き上がり

ショートブレッド作り方

チョコにディップ後クッキングシートの上で乾かす

ショートブレッド

 

 

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

コメントはありません

コメントを残す

Rate this recipe: