本場アメリカ南部のフライドチキン
, 鶏肉

本場アメリカ南部のフライドチキン

スパイスがほど良く効いて、中身はジューシー、表面はカリカリ。そんな完璧なフライドチキンの作り方はないものか・・・と何年思い続けたでしょう。結局うまくいかずに外で買うか、家で作るにはせいぜい手羽先かから揚げ。でも、いつかは本場アメリカのフライドチキンの味を家庭でも作ってみようと思っていたときに、アメリカ南部出身の人気料理番組ホストのポーラディーン(Paula Dean)のレシピを発見。思いっきり南部なまりで、まさにアメリカのおばちゃんというかんじの彼女、アメリカ中南部の主婦の間では絶大なる支持を得ています 。その彼女のフライドチキンのレシピ、なんと600人以上のレビューで5つ星をもらっていたのです。彼女ほど、フライドチキンが上手そうだろうと想像させら れる人はなかなかいません。

本当に今まで数々のレシピをトライしました。バターミルクに一晩浸したり、あらゆるスパイスを使ってみたり、途中からオーブンでベークしたり。でも手間のいるわりにはどれも「これだ!」と思える味ではなく、結局これなら外で買ってきたほうがいいやと思っていました。そんなに頻繁に食べるものでもないし。

このポーラディーンのレシピは至ってシンプル。材料もどこでも手に入るものだし、肉の下味も長時間する必要もなく、本当にこれでおいしいのができるのだろうか・・・と思うほど。でも、仕上がりはびっくりするほどおいしい。卵液にタバスコを入れるのですが、え?こんなに入れて大丈夫?と思いがちですが、揚げてしまえば辛さは気になりません。オリジナルのレシピでは1カップと書いてあったほど。ここでは1/4カップ入れていますが、子供達が食べても大丈夫でした。

これぞ、フライドチキン本場のアメリカ南部の家庭の味です!ポーラディーン様、今までレシピトライしたことなかったですが、やっぱりあなたは凄かった~!

5.0 from 1 reviews
本場アメリカ南部のフライドチキン
 
材料
  • 鶏肉 骨付きぶつ切り1羽
下味用
  • 塩 小さじ2
  • ガーリックパウダー 小さじ1/2
  • こしょう 小さじ1/2
卵液
  • 卵 3個
  • 水 1/3カップ(80ml)
  • ホットソース(タバスコ等)1/4カップ(60ml)
  • 小麦粉 2カップ(260g)
  • ベーキングパウダー 小さじ3
  • 塩 小さじ1
  • こしょう 小さじ1
  • 揚げ油 (できればピーナツオイル) 適宜
作り方
  1. 下味の材料(塩、こしょう、ガーリックパウダー)を小さなボールに入れて混ぜ、鶏肉全体によくまぶす。
  2. 中くらいのボールに卵液の材料(卵、水、ホットソース)を入れてよく混ぜる。
  3. 大きめのボールかバットに衣の材料(小麦粉、ベーキングパウダー、塩、こしょう)を入れてよく混ぜる。
  4. 1.の鶏肉を2.の卵液にくぐらせ、3.の衣を全体にまぶし、余分な粉をふるい落とす。
  5. 揚げ油(できればピーナツオイル)を175度(華氏350度)に熱し、全体によく火が通るように10分から15分(サイズや部位により異なる)揚げる。網の上に取り出し、油をきる。

 

 

本場アメリカ南部のフライドチキン

下味の調味料

本場アメリカ南部のフライドチキン

下味の調味料をこすりつけた鶏肉

本場アメリカ南部のフライドチキン

卵液

本場アメリカ南部のフライドチキン

衣をつける準備完了

本場アメリカ南部のフライドチキン

ピーナツオイル(なければサラダ油)

本場アメリカ南部のフライドチキン

鶏肉は大量に入れすぎず、何回かにわけてゆっくり揚げる。

本場アメリカ南部のフライドチキン

揚げ上がり

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

11 コメント 11 件

  • 返信 takako 2011年12月26日 at 5:08 AM

    甥っ子達を呼んで、クリスマスの食事に作りました。いわゆる日本の唐揚げとの違いに子供達は気づいてくれたみたいです。サックリ揚がっておいしかった。

    • 返信 Yuko 2011年12月26日 at 10:12 AM

      みんなに喜んでもらえたとのこと、良かったです!サックリ揚がるのは、衣に入ったベーキングパウダーが秘訣です。

  • 返信 tob 2011年12月30日 at 2:13 AM

    未だ私の口に入っていませんんが、好評です。
    米国人の主人もTasty!と言ってました。
    ただ揚げたてをテーブルに出したら、熱すぎると文句言われました。いつもです。熱いものをできたてで家族に食べさせたいと、ぎりぎりにサーブすると文句言われるのです。
    アメリカにはそういう考えないのでしょうか・・?

    • 返信 Yuko 2011年12月30日 at 9:42 PM

      レシピ試していただいてありがとうございます!ご主人様にも好評だとのこと良かったです。
      熱々を食べたいという思いはどこの国の人でもあると思いますが、私の感じるところではアメリカには日本と比べて猫舌の人が多いような・・・気もします。うちの夫もそうです。熱々を食べたいという思いは山々なのですが、猫舌なのでいつも無理です。

  • 返信 kaori 2012年2月4日 at 12:11 PM

    卵液にタバスコを使ったり、小麦粉にベーキングパウダーを使うことで、こんなに外はカリカリ、中は熱々ふっくらの、激うまフライドチキンにびっくり!!こんなレシピ、ただで教わって申し訳ないって感じです!!アメリカに暮らしていた主人も、すっかりアメリカ時代を思いだして、ダラスのラジオをライブで聞きながら、一緒にがっつり頂きました!!本当にクリスピーで、美味しかったよおおお!!!フランスで、こんなフライドチキンが手軽に食べられるお店開いたら、あたることまちがいなしだろなぁ!素晴らしいレシピをどうもありがとう!

    • 返信 Yuko 2012年2月4日 at 6:43 PM

      うわ~、嬉しいお言葉どうもありがとう!フランスに住む大切なお友達、それも世界中のおいしいものをたくさん食べてきたかおりさん達がアメリカのフライドチキンをがっつりと食べて感動していただけるなんて、それだけでもこのサイトやってて良かった~って思います!パリでフライドチキンやさん、やってみる?(笑)
      これからも応援してね!ありがとう~!

  • 返信 さとみ 2012年6月12日 at 4:43 PM

    アメリカ人の夫がウマイ!といってくれました。娘も大喜び。料理が苦手な私は、今まで市販のから揚げ粉に頼ることが多かったのですが(涙)自分で粉を合わせてこんなおいしいフライドチキンができるなんて感激です。これからいろんなレシピにチャレンジします。ありがとう~!

    • 返信 Yuko 2012年6月12日 at 9:09 PM

      さとみさん、レシピトライして頂いてありがとうございます!アメリカ人のご主人にも娘さんにも喜んでもらえたとのこと、嬉しいです♪ 私も日本の唐揚げも大好きですが、アメリカのフライドチキンの味もたまにはいいですよね。私もいまだに面倒な時はフライドチキンごと買ってきますが、実は家庭でもできる味なんですよね~。これからもよろしくお願いします!

  • 返信 Layla 2013年2月20日 at 3:42 PM

     ここのレシピにはいつもお世話になっていますm(_ _)m
    昨晩アメリカ人の主人にフライドチキン作ってみました。
     主人はポーラディーンと同じジョージア出身で、フライドチキンにはうるさい(笑)ですが、大大好評でした!
    ボーンレスでも作ってみましたがサクサク中ふわふわでとってもおいしかったです。
     ごちそうさまでした♥
     これからもお世話になります(笑)

    • 返信 Yuko 2013年2月21日 at 12:11 PM

      Laylaさん、ありがとうございます!ジョージア出身のご主人にも大好評だったとのこと、良かったですね!私も嬉しいです。ボーンレスだと揚げ時間も短縮できて食べやすそうだし良いですね♪
      これからもよろしくお願いしますね。

  • 返信 Kyoko 2015年11月8日 at 10:17 AM

    鶏胸肉で作りましたが、とても美味しかったです!手軽に出来て、ケンタッキーフライドチキンの味がしました。子供がいるのでタバスコを80%に減らしましたが十分ピリ辛ウマでした。ご馳走さまでした。

  • コメントを残す

    Rate this recipe: