チョコレートプディング
お菓子, 冷たいデザート

おいしいチョコレートプディング

牛乳にココアと削りチョコレートをたっぷり溶かし、卵とコーンスターチでとろみをつけて冷やし固めるデザート。ボールとお鍋一つででき、まるで生チョコレートを食べているかのように、濃いチョコの味とまったりとした舌触り。アメリカで「あまりおいしくない・・・」と思われがちなプディングも、お家で作ると大人でも楽しめる立派なデザートに。バレンタインデーにはもちろん、ちょっとしたおもてなしにもぴったりです。

プディングは、日本でいうプリンのように、アメリカではとても一般的で人気のあるデザートです。でも、残念ながら大半の人が口にするのは、スーパーなどにたくさん並ぶプラスチックカップに入っている市販のものか、箱入りの粉末でインスタントで作れるタイプのもの。たいていの日本人なら、「これっておいしい・・・?」と思うような、チョコ「風味」のどろっとしてただ甘いだけのものなのです。それでも、アメリカ人はこれが大好き。ビュッフェタイプのレストランなんかに行くと、大きなガラスのボールにどっか~んと入っていたり、そしてそれを大きなスプーンでボールに山盛りに入れる人がいたり・・・これまたアメリカのデザートで一般的なインスタントの真っ赤なゼリーと同じくらいに一般的で、人工的、そしてジャンクっぽいデザートなのです。

「まずい」と思われがちな、アメリカ料理やデザート。それはインスタントや市販品のものを口にした人が言うことで、手作りした「本当の味」はおいしいものです。本物の、おいしいチョコレートプディング。ぜひ手作りでトライしてみてください。言うまでもないですが、おいしく仕上げるには、ココアとチョコレートはなるだけ上質のものをお使いください。

チョコレートプディング
分量: 6
 
材料
  • 牛乳 500ml
  • 砂糖 1/3 カップ(65g)
  • 塩 ひとつまみ
  • コーンスターチ 大さじ2
  • 粉末ココア(無糖) 大さじ3
  • 卵 1個
  • 卵黄 2個
  • セミスイートチョコレート 100g(刻む)
  • 無塩バター 大さじ2(30g) (小さく切る)
  • バニラエッセンス 小さじ1
  • 生クリーム(飾り用) 適宜
作り方
  1. 鍋に牛乳、砂糖、塩、コーンスターチ、ココアを入れて中火にかけ、泡立器でよく混ぜながら軽く沸騰させ、とろみがつくまで2分ほど弱火でよくかき混ぜながら煮る。
  2. 中くらいのボールに、卵と卵黄を入れて混ぜ、1の熱いココア液を1カップ分ずつ卵のボールに入れ、入れる度によく混ぜる。卵と混ざったココア液を再び鍋に戻し、中火で沸騰するまで2分ほどよくかき混ぜながら火にかける。
  3. 目の細かいざるなどで2をこして、ボールに入れる。刻みチョコレート、バター、バニラエッセンスを加え、チョコレートとバターが溶けて全体が滑らかになるまで混ぜる。器に6等分に流しいれ、冷蔵庫で冷やす。すぐに食べない場合は、表面が乾燥して硬くなるので、プディングの表面にぴったりつくようにラップをしてから冷やす。プディングが冷えたら、軽く泡立てた生クリームを添えていただく。


チョコレートプディング

チョコレートとバターは包丁で刻んでおく

チョコレートプディング

ステップ3

チョコレートプディング

器にもり表面にラップをして冷蔵庫へ

 

 

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

コメントはありません

コメントを残す

Rate this recipe: