チリコンカーン作り方
ひき肉, 牛肉,

おいしいチリコンカーン

アメリカ料理の代表的な料理の一つと言っても過言ではないチリコンカーン(チリコンカン)。アメリカ各地で色んなバージョンがあるものの、一般的にはひき肉と豆をトマトとチリスパイスで調理した煮物です。昔、留学時代にお世話になった家のホストマザーが、アメリカで年に一度のフットボールの祭典、スーパーボールの日に、当然のことのようにチリを作っていました。だって、スーパーボールの日はチリ以外何食べるの?って感じで。以来、よそのご家庭は知りませんが、私にとってはスーパーボールはチリを食べる日なんだ、ってことで落ち着いています。

私はスポーツ観戦に全く興味がないので、普段フットボールゲームはほとんど見ることはありません。夫もフットボールにはそんなに関心がないのでゲーム自体は見ることもないんですが、なぜだかスーパーボールだけは毎年チャンネルは合わせています。そしてこのチリを作り続けて20年余り。。ハーフタイムの大物歌手のミニコンサートを見ながら食べるのが恒例行事となっています。

アメリカの代表料理だけあってヘルシーからはかけ離れた、男の人が好きそうながっつりタイプの肉料理。ちょっとステレオタイプな考えですが、フットボール好きな男性はこういう料理が好きなとかと。血湧き肉躍るようなエキサイティングな試合を見るには、それ相応のカロリーのものを欲するのかもしれないですね。トッピングに工夫して、野菜を使うと気持ちヘルシーに。アボカド、トマト、ネギやシラントロ(パクチー)。でも忘れてはならないのがサワークリームとチェダーチーズ。あーやっぱり、どうしても高カロリーになってしまうわ。レシピで使われる「チリパウダー」はとうがらしだけではなく、クミン、オレガノ、シナモン、クローブなどいろんなスパイスが入っているものもあります。お好みのものをお使いください。


おいしいチリコンカーン
調理時間: 
調理時間(すべての過程): 
分量: 6人分
 
材料
  • サラダ油 大さじ1
  • にんにく(みじん切り) 2かけ
  • 牛ひき肉 900g
  • たまねぎ(粗みじん) 1個
  • 缶トマト水煮 2缶(450gx2)
  • 塩 小さじ1(好みで調整)
  • チリパウダー 大さじ3-6(好みで調整)
  • キドニービーン水煮(金時豆) 2缶(450gx2)
  • チェダーチーズ(すりおろし) 適量
  • サワークリーム 適量
  • 青ねぎ 適量
作り方
  1. 鍋に油とにんにくを入れ熱し、ひき肉とたまねぎを入れて7-8分炒める。
  2. トマトの水煮と塩、チリパウダーを1に加え弱火で1時間煮込む。
  3. 豆を汁ごと2に入れて中火で20-30分煮る。
  4. 好みでチーズや青ねぎ、サワークリームなどをのせる。


チリコンカーン作り方1

ステップ1

チリコンカーン作り方2−1

ステップ2−1

チリコンカーン作り方2−2

ステップ2−2

チリコンカーン作り方

トッピングとともに

 

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

2 コメント 2 件

  • 返信 kaori 2012年2月10日 at 3:56 AM

    今日はじめてトライしてみました!大好きなチリコーンカルネが、日常で手に入る材料で、こんなに簡単に実現できるなんて、びっくりしました!うちの男共も大喜びでした!
    ひき肉でも、じっくり煮込むことで、こんなにジューシーな味わいがでるなんて、煮込む力ってすごいなぁと思います。チリパウダーがなかったので、唐辛子にクミン、オレガノとTEX MEX パウダーなるものを入れたら最高でした。
    野菜をもっと色々入れたら栄養もあるのでしょうが、このシンプルなお肉とお豆だけのが美味しい。。。と思ってしまいます。今日はマッシュポテトとライスをサイドで作りましたが、私はライスのほうがあう気がしましたが、本場では何かサイドで食べるのですか?それとも、ひたすらこのチリコンのみをがっつり?
    とにかく、とっても簡単で美味しかったです!

    • 返信 Noriko 2012年2月10日 at 8:03 AM

      作っていただいてありがとうございます!そしておいしく召し上がっていただいて何よりです。わお、臨機応変にスパイスを使ったんですね、すばらしいです!
      うちのチリはほぼ肉と豆だけです(恥)。栄養面を考えて、野菜はチリのトッピングとしてたまねぎのみじん切り、アボカド、ビーマンを入れたりすることもできますよ。うちではサイドでセロリやにんじんのスティック野菜にランチドレッシングでお茶を濁します。マッシュポテトと一緒もおいしそうですね。コーンブレッドと一緒に食べると甘、辛、が交互に楽しめます。(近々レシピをのせたいと思います・・・待っててね!) 

    コメントを残す

    Rate this recipe: