IMG_0726
お菓子, クッキー

ブラウニー

アメリカの代表的なお菓子、ブラウニー。クッキーとケーキの中間のようなもので、大人もこどもも大好きなおやつです。

ブラウニーにもいろんなタイプがあり、みっちり濃厚なファッジタイプ、軽めなケーキタイプ、などいろいろ。そこは個人の好みであって正解はないんですよね。みんな自分の中で「これ!」と思うブラウニーはそれぞれ違うので。ブラウニーにこだわるアメリカ人はかなり多いです。わたし個人は、しっとりしてるけどべたべたでないのが好きです・・・説明するのは難しい・・・。製菓学校で習ったこのレシピがわたしには結構ドンピシャです。

ブラウニーはマーケットやベーカリー、どこででも買うことができますが、やっぱり家で作るのに勝るものはなし!箱入りのブラウニーミックスでさえ、新鮮なところをいただけるなら意外とおいしいんですよね。でもやっぱり、ココアパウダーだけでなく、本当のチョコレートを溶かして混ぜ込んだ生地はしっとり感が違います。チョコレートの濃い~味も楽しめます。

くるみ入りのブラウニーは定番ですが、ピーカンなどの他のナッツやチョコレートチップ、ドライフルーツなどを入れると別の風味が楽しめるので、そちらもお試しください。仕上げにアイスクリームやホイップクリーム、果物で飾り付けすると立派なデザートになるので、バレンタインデーディナーのデザートにいかがですか?

ブラウニー
調理時間: 
調理時間(すべての過程): 
分量: 22cmx30cmx3cm 1枚分
 
材料
  • チョコレート(ダーク) 340g
  • バター 1カップ(230g)
  • たまご 4個
  • 砂糖 2カップ(400g)
  • バニラエッセンス 小さじ1
  • 強力粉 1¾カップ (230g)
  • ベーキングパウダー  小さじ1/4
  • くるみ(細かく刻んだもの) 200g
作り方
  1. チョコレートを刻み、バターとともにボールに入れ、湯煎にかけて溶かす。
  2. 別のボールにたまご、砂糖、バニラエッセンスを入れ、電動ミキサーで白っぽくもったりするまで泡立てる。ここに冷ましたチョコレートを切るように混ぜ合わせておく。
  3. 強力粉とベーキングパウダーをふるい合わせ、2の生地に混ぜ合わせる。くるみを混ぜいれる。
  4. 天板(22cmx30cmx3cm)にベーキングシートをしき、3の生地を流しいれ、表面をへらでならす。
  5. 予熱した195度(華氏400度)のオーブンで焼約30分焼く。完全に冷ましてから切り分ける。

 

 

ブラウニー作り方1

ステップ1

ブラウニー作り方2

ステップ2

ブラウニー作り方3

ステップ3

ブラウニー作り方5

ステップ5

 

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

2 コメント 2 件

  • 返信 岩崎 りえ 2013年3月3日 at 11:23 AM

    このレシピは何回も使いました、とってもおいしいです。
    ここでもし強力粉は薄力粉に変ったら、味はどうかわるだろう。
    いつも素晴らしいレシピはどうもありがとう。

    • 返信 Noriko 2013年3月6日 at 12:59 PM

      りえさん、
      気に入ってもらえてよかったです。薄力粉では作ったことはありませんが、もう少し柔らかな食感になるんじゃないかと思います。お試しになられたらまたおしらせくださいね~。

    コメントを残す

    Rate this recipe: