おいしいアヒポキ
前菜, 前菜・サラダ・スープ, 魚介類

おいしいアヒポキ

夏のようにカラッと晴天の今日のサンディエゴ。私の車が現在修理中なので夫のトラックを運転していたら、なぜかハワイアンミュージックのCDが。。。ポカポカ陽気のもと、和やかなハワイアンミュージックを聴きながら、「あ~、ハワイ行きたい。。。」ハワイは遠いけれど、コスコ(大型スーパー、Costco)はすぐそこ。それで、コスコでアヒツナ(マグロ)を購入して、今日はハワイ風にアヒポキ!

おいしいアメリカ、ついにハワイ料理登場!はい、ハワイもアメリカなんですね~。オバマ大統領はハワイ出身ですもの。私も夫もハワイで結婚式を挙げたほど、ハワイは大好きなところです。気候の良いマイアミやカリフォルニアでの生活が長くても、やはりハワイは特別な場所です。美しい海と緑の生い茂る大自然。そして、独特のハワイアンカルチャー。日本人も大好きな所ですが、アメリカ本土の人達にとっても、ハワイは永遠のパラダイス。

おいしいアヒポキさて、そんなパラダイス気分を味わえるかどうかは??ですが、自家製ポキ、なかなかいけるんです。ポキ(ポケとも呼ぶ)は、ハワイに行ったことのある人ならきっと食べたことがあると思う、ハワイ風のマグロの漬け込み。醤油とごま油の風味たっぷりでそこへ香りものとしてねぎ類とおろし生姜を入れて漬けます。ハワイの家庭の味でもあるらしく、これも各家庭で作り方や材料はさまざま。海草が入ってるものもあれば、ハワイのナッツ入りや塩で味付けするものもあります。

今日のアヒ(キハダマグロ)はなんとコスコで調達。これは、アメリカ生活長く、新鮮な刺身が買える日本食材店がすぐそばにない所に生活した経験のある日本人なら知っているサバイバル術。実は、コスコのマグロは新鮮です。もちろん、その日にパッケージされたものであること。見るからに表面が新鮮であること。そして臭いをチェックする必要はありますが、たっぷりの醤油で漬け込むので大丈夫だと思います(というか、いつもお腹こわしたことないです。)アメリカでも、マグロはみんなほとんど表面をたたき風にあぶる程度で中はレアで食べる人が多いので、マグロは鮮度の高いものでないとだめなんでしょうね。もちろん、おいしいお魚屋さんで新鮮なマグロの赤身が手に入ればそれが一番ですけどね。

白いご飯にぶっかけてポキ丼にするもよし、小鉢に入れてビールのお供にするもよし。または、千切りキャベツやサラダ野菜の上にのせてサラダ風に食べるもよし。これからの季節にもってこいの一品です!

おいしいアヒポキ
分量: 4-6人分
 
材料
  • まぐろ(赤身) 約500g(1パウンド強)
  • 玉ねぎ 約1/4個 薄切り
  • 細ねぎ 2本 小口切り
  • 白ゴマ 小さじ2
  • 醤油 カップ1/4 (60ml)
  • ごま油 小さじ1
  • 好みで粉末の赤唐辛子 適宜
作り方
  1. まぐろは一口大の角切りにする。
  2. ボールにすべての材料を入れて混ぜ合わせ、冷蔵庫で15分から2時間ほど漬け込む。漬け込み具合はお好みで。また、ピリ辛風に仕上げるには、好みで粉末の赤唐辛子を適宜入れる。

 

おいしいアヒポキ

コスコのアヒツナ(Ahi Tuna)

おいしいアヒポキ

材料を全部混ぜて漬け込むだけ

 

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

コメントはありません

コメントを残す

Rate this recipe: