おいしいコーンブレッド
クイックブレッド, パン

おいしいコーンブレッド

これぞアメリカの伝統的なクイックブレッド、コーンブレッド。とうもろこしを挽いたコーンミールを小麦粉、卵、牛乳などと混ぜて焼く素朴なパン。コーンブレッドといえど、甘くてマフィンのようなものから、ベーコンやチーズの入った食べ応えのあるもの、ハラペーニョやペッパー入りのスパイシーなものまで、いろいろな種類があります。私が好きなタイプは、シンプルで素朴なベーシックなもの。それも私の大好きな鉄のスキレットで焼く、スキレットコーンブレッド。コーンミールはこだわって、石でとうもろこしの表皮ごと挽いた粗挽きタイプのものを使います。

コーンブレッドは、お菓子として食べるというよりは、バーベキューガンボなどといったアメリカ南部料理の付け合せとしてよく出されます。ちょっとスパイシーなお料理には、この少しだけ甘くて素朴なコーンブレッドがぴったり合うのです。それも、「少しだけ甘い」というところがポイント。私の個人的な好みかもしれないですが、甘過ぎたり粉の配合で小麦粉の方が多かったりなんかすると、もうこれはコーンマフィンになってしまうのです。ちょっとボソボソしているけど、とうもろこしの風味たっぷりの素朴なコーンブレッド。焼きたての熱々に、バターを塗って食べるととっても美味しいです。

おいしいコーンブレッド先日焼いたパイナップルアップサイドダウンケーキもそうですが、ここでもまたまたロッジの10インチのスキレットを 使っています。熱く熱したスキレットにバターをたっぷり溶かし、その上に生地を流しいれて焼くことで、底と側面にちょうど良い具合に焦げ目がつくのです。繊細なケーキなどには不向きですが、こういうコーンブレッドなどのような素朴なアメリカ料理には、鉄のスキレットがぴったり!少し焦がしたくらいのバターの風味と、とうもろこしの香ばしさがなんともいえません。スキレットがない場合は、ケーキ型などで代用してもできますが、風味は断然スキレットで作る方がいいですね。

 

5.0 from 1 reviews
おいしいコーンブレッド
 
材料
  • コーンミール 1½カップ(185g)
  • 中力粉 1カップ(130g)
  • 砂糖 大さじ2
  • ベーキングパウダー 小さじ2
  • 塩 小さじ1
  • 重曹 小さじ1/4
  • 卵 1個
  • 牛乳 1½カップ(360ml)
  • サラダ油 1/3カップ(80ml)
  • バター 大さじ2
作り方
  1. オーブンを220度(華氏425度)に予熱する。ボールにコーンミール、中力粉、砂糖、ベーキングパウダー、塩、重曹を入れて混ぜ合わせる。
  2. 別のボールか計量カップに卵、牛乳、サラダ油を混ぜ合わせ、1の粉類に入れて全体を混ぜ合わせる。
  3. スキレットを火にかけてよく熱し、バターを入れて溶かし2分ほど熱する。
  4. 2を3に注ぎ入れ、そのままオーブンに入れ約25分、底がこんがり表面に焼き色がつくまで焼く。

 

コーンミール

コーンミールにもいろいろタイプがありますが、これは表皮もすべて石で挽いた粗めのタイプ。健康にもいいです。

おいしいコーンブレッド

コーンミール

おいしいコーンブレッド

ステップ1

おいしいコーンブレッド

ステップ2

おいしいコーンブレッド

ステップ2

おいしいコーンブレッド

ステップ3

おいしいコーンブレッド

ステップ4

おいしいコーンブレッド

ステップ4

おいしいコーンブレッド

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

6 コメント 6 件

  • 返信 Narumi 2013年10月12日 at 3:32 AM

    はじめまして。
    京都は下京区からです。

    コーンブレッドについて調べていて、「おいしいアメリカ」さんのHPに行き当たりました。
    我が家にはオーブンもオーブントースターもないのですが、フライパンでコーンブレッドか、それに似たものを焼くことはできますか?

    ジョージア州在住のアメリカ人の友人が、なぜか味噌汁が大好きなので、時々インスタントの味噌汁(生味噌タイプ)を送っています。
    するとこの前、「コーンブレッドといっしょに食べている」という返事が来ました。

    いったいどんな味になるのか、私も体験したいのですが、我が家の近所ではコーンブレッドを置いている店がありません。
    自分で手作りするしかないのですが、そもそもお菓子とかパンとかをこれまで全く作ったことがないので、かなり不安です。(料理はしますが、日々の食事(和食のみ)を作るだけです。)

    なにかいいアドバイスをお持ちでしたら、お願いいたします。

    友人が住む国の食文化を知ることと、ブログの文体と料理の写真がとても魅力的なので、料理とは別に楽しませていただいています。
    これからもすてきなアメリカの味を届けてください。

    • 返信 Yuko 2013年10月13日 at 10:51 AM

      Narumiさん、こんにちは!メッセージありがとうございます。京都から読んでくださってるんですね!アメリカ料理を通して私の古里京都の方からメッセージをいただくのはとても嬉しいです!
      さて、コーンブレッドとお味噌汁ですか!?それは、なんともびっくりな組み合わせですね。でも南部ジョージア州辺りだと、コーンブレッドもとても主流な食べ物なので、なんとなく納得です。
      コーンブレッドは何度も作ったことありますが、すっかりアメリカ流に慣れてしまっている私は、いつも材料を適当に混ぜてオーブンに放り込むというだけなので、オーブンを使わない作り方というのは試したことがないです。
      オーブンもトースターも使わないで。。。となると、フライパンでというよりは、個別のマフィン型やシリコンカップなどに入れて、蒸し器で蒸しパンのように蒸してみるのもいいかもですね。
      仕上がりがどんな風になるかはわからないですが、味はコーンブレッドの味になると思いますよ。
      ではこれからもよろしくお願いします!

  • 返信 Narumi 2013年10月13日 at 11:34 PM

    お返事ありがとうございました。
    それでは、次の休みに蒸しパン風コーンブレッドに挑戦してみます。
    これからもよろしくお願いします。

    • 返信 Yuko 2013年10月19日 at 10:37 AM

      Narumi さん、是非試してみてください。って言っておきながら、味の保証はできないんですが(作ったことないんで)また結果お知らせしていただければ嬉しいです!

  • 返信 Narumi 2013年11月9日 at 7:15 AM

    ようやく、作ることができました。
    どうしても焼き色を付けたかったので、結局炊飯器で「炊き」ました。
    我が家の3合炊き釜では、炊飯3回でやっと完成!(1時間ぐらい)

    で、友人に送った味噌汁と同じものとサラダを用意して、昼食(朝は間に合いませんでした)。
    本式に焼いたものを食べたことがないので、比較はできませんが、
    卵とコーンの味が混ざったような感じの風味で、私は好きです。
    ほんのりした甘味がありますが、おかずの味を邪魔する甘さではないので、
    これなら味噌汁にも合うなあと思いました。
    米飯にも僅かな甘みがありますから、同じような感覚なのでしょうか。

    サラダとヨーグルトドリンクがあれば立派な昼食になるので、
    私のお弁当にもいいかなと思います。
    パートナーも気に入ったようなので、我が家の常備食になりそうです。
    (水泳の後にもりもり食べて、消費カロリーを帳消しにしたヤツ。。。)
    たくさん焼いて(炊いて?)冷凍しておきます。

    友人が来日するときは、これまではおにぎり持参で空港へ迎えに行きましたが、
    今度はこのコーンブレッドを食べてもらってもいいかな、と思います。

    すてきなレシピをありがとうございました。
    楽しかったので、今度は何か別のレシピに挑戦したいなぁ。。。

    • 返信 Yuko 2013年11月16日 at 7:29 PM

      Narumiさん、炊飯器でコーンブレッドとは、お見事です!どんな風に仕上がったのか、私も興味津々。
      きっとふんわりして、良くできたのではと想像するばかりです。
      アメリカ料理を日本の食事の中に取り入れられ、それも日本の炊飯器を使って応用されたなんて、感動ものですよ。
      チャレンジしていただいて、ありがとうございます!
      これからも、どんどんレシピ試してみてくださいね。

    コメントを残す

    Rate this recipe: