おいしいケサディーヤ
トルティヤ, パン, 乳製品・チーズ

おいしいケサディーヤ

パリッと焼いたトルティヤの中に、とろーりとろけるチーズ。メキシコ風ホットサンドであるケサディーヤは、チーズ大好きアメリカ人にとても人気のある軽食です。メキシカン大好きの我が家でも、例外なく良く食べる一品でもあります。フライパン一つで簡単に手早く作れるので、休日のブランチやお昼ご飯、そしてパーティーのおつまみとしてもぴったりです。

おいしいケサディーヤ

基本のチーズケサディーヤ

レストランなどでは、グリルされたチキンの入ってるものや、具沢山でボリュームたっぷりなものもありますが、ケサディーヤの基本はトルティヤとチーズ。うちの子供達が大好きなのが、このチーズだけのプレーンなケサディーヤ。トルティヤは小麦粉のもの(フラワートルティヤ)を使うのが一般的ですが、とうもろこしのコーントルティヤでもできます。チーズは、アメリカではモントレージャックやチェダー、モッツァレラチーズなどのシュレッドタイプを使いますが、これも溶けるタイプのものならなんでもいいです。

基本のケサディーヤの作り方さえ覚えると、具は残り物でもなんでもOK。ここでは、例としてブラックビーンズとトマトなどを入れてみましたが、残り物のチキンやステーキ、海老などを細かく切ったものや、ツナ缶、そしてほうれん草やマッシュルームなんかのお野菜を入れるのも美味しいです。メキシカンの味のポイントとして、刻み玉ねぎとシラントロ(香草)を入れるのをお勧めします。(子供には嫌がられそうですが。。。)

週末の遅めの朝食に、ブログ用の写真撮影をかねて作ったこのケサディーヤ。写真を撮った直後から、家族の手が次々に伸び、すぐになくなってしまいました。手づかみで、パクパクと食べられるところも子供食にぴったりですね!

そのまま食べても美味しいですし、お好みのサルサワカモレを添えてもいいですね。

5.0 from 1 reviews
おいしいケサディーヤ
分量: 1枚分
 
材料
基本のケサディーヤ
  • トルティヤ(直径約20cmのもの) 2枚
  • 好みのチーズ(シュレッドタイプ) 約1/2カップ
具(例)
  • ブラックビーンズ(缶詰を水切りする) 約1/4カップ
  • 玉ねぎ(みじん切りに軽く塩をする) 約1/4カップ
  • トマト(種を取って粗みじん切り)約1/4カップ
  • シラントロ(香草)(粗みじん切り) 適量
作り方
  1. フライパンをよく熱し、トルティヤ1枚をのせ、弱めの中火で1分ほど焼き裏返す。
  2. すぐにチーズを中央に広げ、具をのせる。もう1枚のトルティヤを具の上からのせ、1-2分ほど焼いてからひっくり返す。
  3. さらに2分ほど焼き皿に移して6等分する。両面にうっすら焦げ目が付き、表面がパリッとし、中のチーズが溶ける頃が焼きあがりの目安。

おいしいケサディーヤ

具の一例

おいしいケサディーヤ

ステップ2

おいしいケサディーヤ

ステップ2

おいしいケサディーヤ

ステップ3

おいしいケサディーヤ

1枚のトルティヤに具をはさみ半分に折って焼く方法も一般的です。

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

2 コメント 2 件

  • 返信 kazue 2012年8月10日 at 10:34 PM

    サンディエゴに住んでいます。
    約1か月前に引っ越してきたばかりで、しかも料理が苦手です。
    今日たまたま「アメリカ おいしい」で検索したら1番にヒットしました。詳しく読んでいたらサンディエゴに住んでいる方たちということを知りました。
    そして思わず今コメント欄に記入しています。
    実際のお料理教室みたいなものは開催しているのでしょうか?
    アメリカの電子レンジやオーブンの使い方すらよく分からないため苦戦しています。

    • 返信 Yuko 2012年8月11日 at 8:19 PM

      kazueさん、はじめまして!おいしいアメリカ、そしてサンディエゴへようこそ!
      お料理教室ですが、今のところブログだけなんです。でも将来的に楽しいイベントなど開催できる日が来れば、その時はよろしくお願いしますね♪
      今後ともよろしくお願いします!

    コメントを残す

    Rate this recipe: