ピーカンパイ
お菓子, パイ・タルト

おいしいピーカンパイ

アメリカの代表的なパイと言えば、アップルパイ、パンプキンパイ、そして忘れてはならないピーカンパイ。三大パイの中のひとつです(ってほんとか?)。三大かどうかはともかく、秋の実りのナッツを使ったこのパイは、秋冬のホリデーデザートには欠かせないパイなのです。でも、アメリカ南部が発祥のピーカンパイ、甘くて苦手~って方も多いかも。

かくいうわたしも、ピーカンパイ、あまり手がのびないんですよね。パンプキンパイかピーカンパイかと聞かれれば迷わずパンプキンを選びます。ピーカンパイの何が苦手かって、パイの中でナッツとゼリー状のたまご液が完全に分離しているところ!これは許せません。ブラウンシュガーゼリーか、ってくらいぷるぷるしていて、ああ、もう想像しただけで無理・・・。ナッツは表面に浮いているだけなので、見かけでだまされた感も満載。・・・と散々にこきおろしましたが、アメリカでは、「これがいいのよ(怒)!」って言う人も多いはず。なんせ三大パイのひとつですからねぇ(いや、だからそれは定かでは・・・)。

そんなわけで、避けていた領域のピーカンパイですが、今年は思い切ってチャレンジ!ゼリー部分をなるべく減らすためにレシピを工夫してみたところ、もっとナッツの風味と食感が楽しめるものができあがりました。南部らしいバーボンウィスキーでかおりをつけてアメリカン度もアップ。パイ生地は別レシピをご参照ください。手順はThe America’s Test Kitchen のレシピブックを参考にしました。

やっぱり甘~いパイですが、アイスクリームやホイップクリームを添えると甘さが緩和されます。本当ですよ、冗談抜きに(ゲッ、と思ったあなた、いいんですよ、ホリデーだから。ダイエットも失敗したし、道連れだわよ・・・)。見た目も秋色のピーカンパイ、今年のホリデーディナーの〆にどうぞお試しあれ!

 

5.0 from 1 reviews
おいしいピーカンパイ
下準備時間: 
調理時間: 
調理時間(すべての過程): 
分量: 23cm パイ皿1枚分
 
材料
  • パイ生地(別レシピ) 1枚分
  • ブラウンシュガー 1カップ(210g)
  • 溶かしバター 1/4カップ(55g)
  • たまご 3個
  • コーンシロップ 1/3カップ(80cc)
  • モラセス(黒蜜) 大さじ2
  • 塩 小さじ1/4
  • バーボンウイスキー 大さじ1-2
  • バニラエッセンス 小さじ1
  • ピーカンナッツ(細かく砕いたもの) 2カップ
  • ピーカンナッツ(飾り用) 1/4-1/3カップ
作り方
  1. パイ生地1枚分を直径約30cmにのばし、直径23cmのパイ皿にしく。生地のまわりに縁飾りをほどこし、冷蔵庫で30分休ませる。生地の上にアルミホイルをかぶせてパイ用の重石か豆などをのせ、摂氏190度(華氏375度)に予熱したオーブンで約30分下焼きする。
  2. ボールにブラウンシュガーと溶かしバターを入れよく混ぜる。
  3. そこにたまご、コーンシロップ、モラセス、塩を加える。弱火で沸騰寸前の湯の入った鍋の上にそのボールをのせ、泡だて器でよくかき混ぜながら摂氏55度(華氏130度)になるまで熱する。
  4. たまご液にバーボン、バニラ、砕いたナッツを加えて混ぜ合わせ、アルミを取った、まだ熱いパイ生地の中に流しいれる。飾り用のピーカンナッツ(ハーフ)をパイの上にのせる。
  5. オーブンの温度を摂氏150度(華氏300度)まで落し、50-60分焼く。ナイフをさして何もつかなければできあがり。

 

パンプキンパイ作り方2

ステップ1-1(縁飾りサンプル)

ピーカンパイ作り方1

ステップ1-2

ピーカンパイ作り方2

ステップ2

ピーカンパイ作り方3

ステップ3

ピーカンパイ作り方4

ステップ4

 

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

1 コメント

  • 返信 popo 2015年12月6日 at 6:14 PM

    はじめまして。
    私もペカンパイが大好きでよくつくりますが、
    フィリングも入れて一度に焼くせいか、よく失敗します。

  • コメントを残す

    Rate this recipe: