おいしいアップルタルト
お菓子, パイ・タルト

おいしいアップルタルト

アメリカンスイーツと言えば、アップルパイを代表するりんごを使ったお菓子がよくあげられます。定番のアップルパイから田舎風にフリーフォームに焼いたもの、そしてりんご入りケーキやブレッド、アップルタルトまでいろいろ種類があります。天板いっぱいに大きく焼いたこのアップルタルトは、お味はどちらかと言えばヨーロピアン風。材料はほぼアップルパイと変わらないのに、焼き方を買えるだけでずいぶん雰囲気も変わるものです。

このアップルタルトは、アメリカテレビ局Food Networkの人気料理家、Ina Gartenのレシピ。最初はこれを参考に少しアレンジしてみようかと思ったのですが、あまりにシンプルな材料に作り方。こういう場合は、一度そのまま作ってみるのに限ります。そして、作って食べてみたら、まあこれがどんぴしゃレシピ!(とても美味しいってことです。)バターをたっぷり使ったリッチでかつシンプルなクラスト、酸味のあるグラニースミスアップル(アメリカの緑色で酸味の強いりんご)、そして上から振りかけて焼いた砂糖がちょうど良い具合にカラメル化し、りんごとクラストに甘く香ばしい風味を与えてくれます。

おいしいアップルタルト彼女のレシピ、いつも見る限りではとても大きくてダイナミックで、「え〜、こんなに砂糖も入れちゃうの〜?」と思いがちなのですが、Inaのアメリカンスイーツは美味しい!「甘さ控えめ=美味しい」の概念を持つ方には、りんごの上に振りかける砂糖を減らそうか。。。と思われる方もいるでしょう。でも、これはレシピ通りにたっぷりとかけてください。何度もこういう生のりんごをのせたタルトを食べたことありますが、美味しい!と思えるのは、砂糖をしっかり使って焼くことでできるカラメルの香ばしさたっぷりのものだと私は思います。食べてみると、思っている以上に上品な味。素材の持ち味もあるのに、砂糖で味がしまっている。スイーツで「味がしまる」っていうんでしたっけ??甘いばかりと思われがちなアメリカンスイーツも、美味しいんですよ〜!と胸をはって言えるお味です。

ワイン入りキャラメルソースこのタルト、アメリカの天板サイズにほぼいっぱいに焼く大判ですので、日本の小さなオーブンで作る場合は、材料全体を半量にして半分の大きさに焼くのもいいですね。

そもそもこのタルトを作った理由は、昨日おいしいアメリカのFacebookページにも写真を載せたように、ナパバレーに旅行に行かれたお友達から頂いたお土産のシャルドネ入りキャラメルソースを試食するため。カリフォルニアワイン入りのキャラメルソース、ナパの辺りではちょっとしたブームらしいです。アルコール分も入っていて、ワインの風味もたっぷり。ソノマにある有名なB.R. Cohn ワイナリーのシャルドネ入りということで、味見するのにも気合いを入れてみました。なので、タルトにはもちろんバニラアイスも乗ってます!一口食べて、幸せ気分いっぱい。全部たいらげて、ほろ酔い気分。ま〜、相変わらず食べることで幸せになれる私です(笑)。いつも美味しいものたくさんわけていただくご近所のお友達Aさん、ごちそうさまでした〜!

おいしいアップルタルト
下準備時間: 
調理時間: 
調理時間(すべての過程): 
分量: 6−8人分
 
材料
タルト生地
  • 中力粉 カップ2(260g)
  • 塩 小さじ1/2
  • グラニュー糖 大さじ1
  • 無塩バター 大さじ12(=1½スティック=170g)
  • 冷水 1/2カップ(120ml)
りんごのトッピング
  • りんご(グラニースミスまたは酸味のある紅玉など)4個
  • グラニュー糖 1/2カップ(100g)
  • バター 大さじ4(=1/2スティック=56g)
  • アプリコットジャム 1/2カップ
  • 水 大さじ2
  • 好みのリキュール 適宜
作り方
  1. まずタルト生地を作る。ボールに中力粉、塩、砂糖を入れて混ぜ合わせ、冷たく冷やして小さく刻んだバターを入れて、パイブレンダーかナイフ、またはフードプロセッサーを使ってバターが豆状の大きさになるまで粉に切り混ぜる。
  2. 冷水を少しずつ加えて全体がまとまるまで混ぜ(練りすぎない)、ボール状にまとめてラップをして冷蔵庫で1時間休ませる。
  3. オーブンを摂氏205度(華氏400度)に予熱し、天板にベーキングシートを敷いておく。
  4. 台の上に軽く小麦粉をふり、めん棒で2の生地を25x35cm (10x14インチ)の大きさになるようにのばす。端をナイフでまっすぐに揃え、ベーキングシートを敷いた天板に移し、りんごを切る間冷蔵庫に入れておく。
  5. りんごは皮をむいて芯をとり、縦半分に切ってから横に約5ミリの薄さに切る。
  6. 4の生地に5のりんごを少しずつ重ねてぎっしり並べ、上からグラニュー糖をまんべんなくたっぷりふりかける。細かく刻んだバターを上から全体に散し、予熱しておいたオーブンに入れて45分から1時間、タルトとリンゴの端に薄く焼き色がつくまで焼く。途中、一度天板の向きを変える。
  7. 小鍋にアプリコットジャムと水、好みでリキュールを入れ一煮立ちさせて、裏ごしする。りんごとタルトの表面にアプリコットソースをはけでたっぷり塗る。
  8. 粗熱がとれたら、温かいままか室温に冷まして切り分ける。好みでアイスクリームやホイップクリーム、キャラメルソースなどを添える。

おいしいアップルタルト

ステップ1

おいしいアップルタルト

ステップ2

おいしいアップルタルト

ステップ4

おいしいアップルタルト

ステップ5

おいしいアップルタルト

ステップ6

おいしいアップルタルト

ステップ7。焼き上がり時、天板の底に砂糖がカラメル状になってたまっています。

おいしいアップルタルト

お好みでアイスクリームやキャラメルソースを。。。

 

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

1 コメント

  • 返信 ryuji_s1 2012年11月29日 at 5:28 PM

    おいしいアメリカさん

    アップルタルト
    美味しそう
    素晴らしいレシピ
    有り難うございます
    うれしいです 

  • コメントを残す

    Rate this recipe: