おいしいジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)
クッキー

おいしいジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)*レシピと型紙付き

クリスマス間近の12月のアメリカ。今年も毎年恒例のジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)を作る時期になりました。アメリカの子供達の間では、キャンディーやチョコレートなどで自分達の好きなようにデコレーションできるお菓子の家を作るのは、一年に一度のお楽しみ。お家でベーキングしない人でも作れるように、既にパーツごとに焼かれたクッキーと飾りのキャンディーやアイシングなどがセットになっている、箱入りのジンジャーブレッド作成キットもスーパーに行けば手に入ります。

おいしいジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)

トッピングも並べて、スタート!

私も娘だけの時は、お店で売っている箱入りのキットを買ってきて何度か娘と一緒に作りましたが、去年初めておいしいアメリカのジンジャーブレッドクッキーの生地を使って子供達と一緒に自家製ハウスを作ってから、これからは毎年手作りで行くぞと決めたのです。というのは、まず箱入りのキットがあまり安くないということ。10ドルほどするようなキットを子供2人分買うなら、家で作ろうと思ってしまう私。そして、同梱されているキャンディーなどのデコレーションも限られているし、いつ焼かれたのかわからない大量生産のジンジャーブレッドクッキーは美味しくない(というか食べるものではない。)でも、去年作ったジンジャーブレッドハウスは美味しかった!(ハウスって食べても良いんだよね?!)おいしいアメリカの誇るパティシェNORIKO(いよ〜!のりちゃん!)のレシピ、ジンジャーブレッドクッキーは味が美味しい!クッキーというよりは、パリッと固く焼かれてシナモンなどのスパイスがよくきき、食べやすい。私の故郷、京都の八つ橋の味を思い出させます。(これは、娘も言ってました。)そして何よりも、このクッキーを焼いている間、家の中がシナモンやジンジャー、クローブの香ばしい香りでいっぱいになり、すぐそこまで来ているクリスマスを匂いで感じることができるんです。型紙でハウスのパーツをとった後の残りの生地で、小さなクッキーやジンジャーブレッドマンを焼いて味見をするのがまた良いんですよ。

おいしいジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)

かなり真剣な娘達

Facebookでもお知らせしていたように、先日我が家でジンジャーブレッドハウス作成会をしました!といっても、参加者はNORIKO娘&YUKO娘&息子の子供3人(なんや内輪かいな。)いや、だって、そんなにたくさん焼けないんですよ。なにしろ家を建てるにはいろいろパーツが必要ですから。大の大人達が横で見守る中、夕方から組み立て開始。娘達は、最初の組み立て部分だけはお手伝いを必要としたものの、後はもう自分たちの世界。横でママが何をアドバイスしようと聞き耳持たず、しまいには「頼むからママにもやらせて〜」とお願いされ、それでもやっぱりここは大人の入る領域ではないんだよ!と言うかのように、全くの無視。親からのアドバイスはすべて却下され、娘達の思うような夢のお家を作ったのでした。

おいしいジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)

相変わらず味見専門。それになぜかスワットのコスチューム着てるし。。。

しかし、うちの4歳児息子は、相変わらず一番の目的はつまみ食い。小さいボールにあけたありとあらゆる種類のキャンディーを、ほぼノンストップ状態で食べ続け(あら、去年もそういうこと書いてましたっけ。。。)そして、「バットマンの家に仕上げてくれ。」と指図だけを出すという大物振る舞い。それで、去年と同じく、息子のジンジャーブレッドハウスは、夫による力作になってしまったのでした。。。(そして夫は夫で、私にはやらせてくれないのよ、また。いい年して、かなり気合い入ってましたから。)

おいしいジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)

父ちゃん、気合い入り過ぎだって!入り口に座ってるのはロビン?

というわけで、おいしいアメリカママ2人は、不完全燃焼。子供達の作成中は、なんやかんや言えドタバタで、今年こそはきっちり作り方を説明できるように撮ろうとしていた写真もろくに撮れず。やっぱり大人用のハウスも用意しておくべきだったね〜、いや、それより子供なしで夜にゆっくり作るほうが楽しいか〜なんてグチグチ言いながら、ジンジャーブレッドハウス作成会が終わったのでした。

 

でも、そこで終わらないのが今年のおいしいアメリカ!サイトにレシピを載せられるように、もう一個作りました〜。はい、ママ用のハウス。子供が学校に行ってる間にこっそりと一人で。あまった生地を冷凍してあったので、前日の夜から解凍しておいたのよん。(実はしっかり計画してたか?!)でも、ちゃんと作成行程の写真も撮りましたからね(下に続きます!)それと、型紙もあります!(手書きですよ、手書き。)万が一実寸で印刷されない場合のため寸法を記載してあります。良かったらご自由に使ってください。

みなさま、今年は手作りジンジャーブレッドハウス、試してみませんか?物作り好きなお母さんは、自分の分を作るのも忘れずに〜!(ジンジャーブレッドクッキー生地の1レシピでちょうど2個分ハウスができます♪)

おいしいジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)*レシピと型紙付き
分量: ジンジャーブレッドハウス2個分
 
材料
作り方
  1. ジンジャーブレッドクッキーのレシピに従ってクッキー生地を作り、型紙を使ってパーツを切り取りベーキングシートを敷いた天板にのせる。
  2. 摂氏205度(華氏400度)に予熱したオーブンで、8−10分焼く。途中、天板の向きをかえる。高温なので、生地の薄いところが焦げることがあるので、後半は気をつけながら焼く。
  3. 焼き上がったら網にのせて完全に冷ます。
  4. ロイヤルアイシングのレシピに従ってアイシングを作る。絞り袋に入れて、以下の写真の通りにクッキーを接着していく。
  5. 家が組み立てられたら、好みのキャンディーやチョコレートなどで飾り付けする。

おいしいジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)

生地を薄く広げ、型紙とナイフを使って切り取る

おいしいジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)

焼き上がり

おいしいジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)

厚紙にアルミホイルを敷いた土台に、アイシングを端と底にたっぷりつけて組み立てていく

おいしいジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)

屋根つけ

おいしいジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)

煙突

おいしいジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)

ドア

おいしいジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)

出来上がり!

おいしいジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)

NORIKO娘のドリームハウス

おいしいジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)

YUKO娘のドリームハウス

おいしいジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)

バットマンの家(にロビンがいるところ?)

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

コメントはありません

コメントを残す

Rate this recipe: