おいしいいちごケーキ
ケーキ

おいしいいちごケーキ


いちごの美味しい季節です。いちごのケーキと言えば、スポンジにたっぷりホイップした生クリームとあわせたショートケーキをイメージしがちですが、なかなか作るのには気合いがいるところ。そこで、とっても簡単で混ぜるだけ、そしていちごものせて一緒に焼いてしまうという簡単ないちごケーキを作ってみました。


おいしいいちご

アメリカのいちごは正直のところ味の当たり外れが結構あります。ファーマーズマーケットなどで買える農家直送の新鮮なものは結構甘くて美味しかったりするんですが、一般のスーパーで売ってるものは外れると食べられたものじゃあありません。まずいいちごを何回か食べたせいか、ここ1年ほどうちの息子もいちご嫌いになってしまったくらい。それが、今朝近くのいつもフルーツやお野菜を買いに行くマーケットで、粒の揃った真っ赤ないちごを発見!それも、3パックで5ドル。どこからどう見ても美味しそうだったので、即3パック購入。このいちごで作りたい!と思ったのが、ルバーブと合わせたストロベリールバーブパイ。毎年春のシーズンの時だけマーケットで見かけるルバーブ。いちごとの相性抜群で、パイにすると最高に美味しいんです。でも、野菜売り場にもフルーツ売り場にもルバーブはなし。。。シーズン終わってしまったんだろうか、またはまだ始まってないのか。ないとなると、ますます食べたくなる。。。でも悲しいかな断念。

家に帰ってから、ちょっと検索してみると、マーサ・スチュワートのストロベリーケーキのレシピ発見。一番の魅力が、めっちゃ簡単。そして、材料すべて揃ってるし、今日のおやつにぴったり。そして美味しそう。今日は子供達の学校も早く終わる日だし、一緒に作るのも楽しいかも。ということで、さっそくバターと卵を室温に戻して、子供達の帰宅まで待つことに。

誰でも喜びそうなシンプルなケーキなんだけど、問題はいちご嫌いの息子。でも、お菓子作りは大好きなので、ケーキ作るとなるとすぐに飛んできた。粉類をまぜまぜ、そしてスタンディングミキサーを使えば材料を混ぜるのは機械まかせなので、4歳の息子にもできてしまいます。「いちごのところはいらないよ。」という息子に、「このいちごは絶対美味しいから食べてみ。」そして「トライしてみたら、大好きなトランスフォーマーの塗り絵を(オンラインで)プリントしてあげるよ!」ってことで、一口トライさせてみることに。そしたら、「おいしい!」だって。やっぱりこのいちご、3パック買っただけありました。柔らかくて新鮮で甘い。というけで、今日で息子のいちご嫌いも終わり。「いちご大好きだよ〜!」と本人も大喜び。

そして、このマーサ・スチュワートのいちごケーキもなかなか美味しい。砂糖の量が微妙に違うだけで、ほぼレシピ通りに作りましたが、いちごの上にグラニュー糖をかけてオーブンでゆっくり焼くので、出来上がりはいちごがジャムのようになって、いちごジャムケーキってかんじの仕上がり。シンプルなバター風味のケーキにフレッシュいちごのジャム。美味しくないわけはないですよね!本当に簡単にすぐにできるので、いちごの美味しい季節に是非お試しを〜。


5.0 from 2 reviews
おいしいいちごケーキ
 
材料
  • いちご 1パウンド(450g)
  • 中力粉 1½カップ(200g)
  • ベーキングパウダー 小さじ1½
  • 塩 小さじ1/2
  • 無塩バター(室温)大さじ6(85g)
  • グラニュー糖 1カップ(200g)
  • 卵 1個
  • 牛乳 1/2カップ(120ml)
  • バニラエッセンス 小さじ1
作り方
  1. いちごは洗ってへたを取り、縦半分に切る。直径約25センチの耐熱皿かケーキ型の内側にバター(分量外)を塗っておく。オーブンを華氏350度(摂氏175度)に予熱しておく。砂糖は、大さじ2(上からふりかける分)を別の小皿にとっておく。
  2. ボールに中力粉、ベーキングパウダー、塩をふるい入れて混ぜ合わせておく。
  3. 別のボールに室温に戻したバターと砂糖を入れて電動ミキサーで白くもったりするまで混ぜる。卵、牛乳、バニラエッセンスを加えてさらに混ぜる。
  4. 2の粉類を加えて、さっと混ぜ合わせる。
  5. バターを塗っておいた耐熱皿に4を入れて平にならし、いちごを切った面を下にして敷き詰める。砂糖大さじ2をいちごの上にふりかけて、華氏350度(摂氏175度)のオーブンで10分焼き、温度を華氏325度(摂氏165度)に下げて約1時間ほど焼く。表面に焼き色が付き、竹串をケーキの部分にさして何もついてこなければ焼き上がり。皿ごと網の上で冷ます。


おいしいいちごケーキ

ステップ1

おいしいいちごケーキ

ステップ2

おいしいいちごケーキ

ステップ3

おいしいいちごケーキ

ステップ3

おいしいいちごケーキ

ステップ4

おいしいいちごケーキ

ステップ5

おいしいいちごケーキ

ステップ5

おいしいいちごケーキ

焼き上がり

おいしいいちごケーキ

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

5 コメント 5 件

  • 返信 Yumi 2013年4月22日 at 12:12 PM

    このいちごケーキの写真を見た瞬間に一目ぼれをして、さっそくいちごを買いに行きました!この時期のいちごって本当に安いんですね。結局2パウンド買ったので、2回ケーキを焼きました!
    生地を入れる適当な耐熱皿がなく、パウンド型を使用しました。レシピ通りの分量でパウンド型(12個用)にぴったりでした。
    1度目作った時はあまりの美味しさにあっという間に2人で完食し、2度目はパーティーに持っていきましたが、これもあっという間になくなり絶賛でした~
    また作ります!おいしいレシピをいつもありがとうございます。

    • 返信 Yuko 2013年4月22日 at 8:30 PM

      Yumiさん
      2度も作ってくださったんですね〜!お気に入っていただいて良かったです。私もこのレシピを発見した時、これだ〜!って思ったんです。焼いたいちごもなかなか美味しいですよね。
      これからもよろしくお願いします〜!

  • 返信 さつき 2013年7月3日 at 11:31 PM

    こんにちわ!こちらのケーキ、とてもおいしそうですね!
    イチゴが手元にあるので早速つくろうと思ってますが、うちには薄力粉と強力粉しかありません・・・
    どちらかでも、おいしくつくれますでしょうか?あと、イチゴは冷凍のものですが、凍ったままより解凍したほうがいいのでしょうか?質問ばかりですいません。。。

  • 返信 さつき 2013年7月5日 at 4:04 PM

    こんにちは!
    とっても美味しそうなケーキですね!手元に冷凍イチゴがあるので作りたいのですが、冷凍のまま生地の上にのせて焼いても大丈夫でしょうか?
    変な質問ですいません…。

    • 返信 Yuko 2013年7月12日 at 9:01 PM

      さつきさん、コメントもらっていてすっかりお返事が遅くなってしまって、ごめんなさいね!もうきっとケーキ作られたか諦められました?
      さて、このケーキですが、冷凍のいちごで作ったことがないのでなんとも言えませんが、できれば少し解凍されてからのほうがいいのではと思います。いちごの大きさにもよりますが、このレシピでは縦に半分に切ったものを使っています。ゴロゴロと冷凍の大きいいちごをのせてしまうと、まんべんなく焼けるかどうかはテストしてないのでなんともわからないからです。冷凍いちごで試された結果、またお聞かせくださいね。

    コメントを残す

    Rate this recipe: