チョコレートスコーン
マフィン・スコーン

おいしいチョコレートスコーン

アメリカではコーヒーショップで定番中の定番のスコーンですが、一口にスコーンと言ってもたくさん種類があるんですよね。マフィンのようにフルーツ系が一番人気のようですが、全粒粉のものや、ナッツ入りなどいろいろです。そしてチョコレート入りもまたポピュラーなスコーンの一つです。

朝ごはんにスコーンやマフィンを食べる人が多いアメリカですが、朝からチョコレートって食べてもいいのかなぁ、と未だにチョコ入りのものは躊躇したりするんです(でも、ドーナツは朝からバクバク食べてたり・・苦笑)。シリアルも同じく、フロスティッドフレークはいいのに、チョコ味はお菓子のような気がして、子供には食べさせないようにしたり。でもうちの子供はチョコレート味が大好きで、いつもチョコ入りナントカを食べたがるんですよね。自分のことはさておき、やっぱり少しでもヘルシーなものを食べさせたいのが親ごころ。鬼母の目にも涙、ってところですかね。チョコレートを入れるなら、それを中和させるような健康的なものを混ぜ込んだほうがいいのかな、と(いつもながら、間違った方角に走ってます~)、繊維質多めの混ぜ物をしようとしてます。見た目が全粒粉的なものは、見ただけで敬遠されてしまうので、濃い色のココア生地を作るときは格好のチャンス。今回のチョコレートスコーンには、最近自分の中で流行っている、フラックスシードの粉末を入れてみました。

チョコレートスコーンフラックスシードとは、アマニ油の原料となる亜麻の種子のことです。こちらでは、コレステロールが下がるだとか、ダイエット効果があるとかで、最近人気の食材です。全粒粉のパンなどにそのまま入ってることがよくあり、味はそれほどしないんですが、口当たりが少しつるっとしています。その食感が好きで、わたしもパンに入れたりしていたんですが、あるとき、友達から、「フレックスシードってそのままだと食べても体に吸収されないんだよね~。だからパウダー状がいいんだよ。」と聞き、ガーン。うちにあった種をフードプロセッサーで粉状にしてやろうと思って回してみたんです。まぁ、見事に空振りでした。種が小さすぎて、そして、殻がかたすぎて一粒も粉砕できませんでした。が、スーパーに行くと簡単に粉状のものが手に入りました。何やってんだか。

このフラックスシードパウダー、友達はシリアルにかけたり、スムージーに入れたりしてるらしいですが、わたしは主に小麦粉の一部を置き換えてベーキングに使っています。気持ち、ヘルシーになるような・・・気持ち、ですけど。スコーンに入れても小麦粉だけのものと味はほぼ変わりありません。ただ、朝のチョコレート味の罪悪感が少しやわらぎます(わたしだけか)。朝だけと言わず、お茶、コーヒーのお供に、三時のおやつにもぴったりです、結構~甘いんで。・・・やっぱりチョコレートより砂糖の量の方が問題かもしれないな・・・。

 

おいしいチョコレートスコーン
下準備時間: 
調理時間: 
調理時間(すべての過程): 
分量: 24個
 
材料
  • 中力粉 2 カップ (260g)
  • フラックスシードパウダー 1/4カップ (約30g)
  • ココアパウダー 大さじ3
  • 砂糖 1/2カップと大さじ2 (約130g)
  • ベーキングパウダー 小さじ1½
  • 重曹 小さじ ½
  • 塩 小さじ ¼
  • バター(冷たいもの) 大さじ10 (145g)
  • たまご 2個
  • 生クリーム 1/2カップ (120cc)
  • バニラペーストかエッセンス 小さじ1
  • チョコレートチップ 1カップ
  • サンディングシュガー(ざらめ)
作り方
  1. 中力粉、フラックスシードパウダー、ココアパウダー、砂糖、ベーキングパウダー、重曹、塩を大き目のボールに入れ、泡だて器で混ぜ合わせる。
  2. 小さく切った(2cm角)冷たいバターを1のボールに入れ、バターの粒が小さくなるまでナイフあるいはペーストリーカッターできり混ぜる。
  3. たまご、生クリーム、バニラをよく混ぜ合わせ、チョコレートチップと共に粉類の入ったボールに入れて、練らないように粉っぽさがなくなるまでへらで混ぜる。
  4. 打ち粉(分量外)をふったまな板の上に生地を出し、厚さ1cmになるようにのばす。生地を4cmx5cmの長方形に切り分ける。天板にベーキングシートをしき、3-4cm間隔に生地をのせる。サンディングシュガーをかける。
  5. 摂氏190度(華氏375度)に予熱しておいたオーブンで、約20分焼く。

チョコレートスコーン作り方1

ステップ1

チョコレートスコーン作り方2

ステップ2

チョコレートスコーン作り方3

ステップ3

チョコレートスコーン作り方4-1

ステップ4-1

チョコレートスコーン作り方4-2

ステップ4-2

チョコレートスコーン作り方5

ステップ5

 

 

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

6 コメント 6 件

  • 返信 ryuji_s1 2013年9月19日 at 6:37 PM

    おいしいアメリカさん
    チョコレートスコーン
    美味しそうです
    素適なれしぴ 
    有り難うございます

    • 返信 Noriko 2013年9月20日 at 6:16 PM

      ryujiさん、
      ありがとうございます。甘くておいしいですよ。お試しくださいね。

  • 返信 matsu 2013年9月21日 at 3:29 AM

    素敵なブログですね!!!

    • 返信 Noriko 2013年10月3日 at 12:38 PM

      matsuさん、
      ありがとうございます!

  • 返信 yumi 2013年9月23日 at 7:34 PM

    試しました、フラックスシードパウダーの代わりにあんパンを焼くときのトッピングのけしの実を使って・・・
    一応すりこ木でゴリゴリしましたが面倒くさくて半つぶしで粉にはせず使用したのでプチプチの感触がなかなかいい感じでした
    あとナッツ好きの私は、ペカンと胡桃を一緒に混ぜ込みちょっとリッチな(カロリー的に)スコーンになりました
    いつも素敵なレシピをありがとうございます、リンゴ狩り、梨狩りの果物たちは変身しましたか?
    レシピ楽しみにしています

    • 返信 Noriko 2013年10月3日 at 12:40 PM

      yumiさん、
      レシピをお試しいただいてありがとうございます。自分でいろいろアレンジするのもたのしいですよね。また別のレシピもお試しくださいね。
      Yukoちゃんの梨は、洋ナシのクランブルになったようですよ。こちらもどうぞお楽しみください。

    コメントを残す

    Rate this recipe: