おいしいアップルバター
その他, その他のお菓子

おいしいアップルバター


アップルバターってご存知ですか?りんごのバター?バターとりんごを混ぜたもの?いろいろ想像が広がりますが、実はこれ、りんごの餡子とでもいうような、りんごを長い間煮詰めて作ったペーストです。りんごの収穫を終えた秋になると、マーケットに出回る季節限定のアメリカの秋の味。りんごの味がぎゅ〜っと凝縮された、おいしいペーストです。


子供ができて家族を持つようになってから、秋になるとりんご狩りやパンプキンパッチなど、収穫時期の農園に出向くことが多くなりました。この時期に農園の直販店や田舎町のマーケットでよく目に付くのが、瓶詰めになって売られているアップルバター。うちの主人が、子供の頃大好物だったというこのアップルバター。数年前から毎年秋になると買うようになりました。主人が大好きな食べ方は、パンを軽くトーストして、そこに薄くバターを塗ってから、さらにアップルバターをたっぷり塗るという食べ方。

おいしいアップルバター

「アップルバターってバターなのに、その下にバターを塗るの?」と疑問を持ちながら、これは旨い!と私もすっかりその食べ方で毎年アップルバターを楽しんできました。そもそも、なんで「アップルバター」なんだろう。。。ピーナツをペースト状にしたものはピーナツバターで、だからりんごのバターと言ってもおかしくなさそうだけれど、りんごには脂肪分は入ってないし。。。初めてアップルバターを口にした時は、「バターなのに、あっさりしてること!」と感心して夫に笑われたということもありましたが、バターというのは単なるネーミングだけで、脂肪分も乳製品もなにも入ってないんです。

農園に出向かなくても、トレーダージョーズやその辺のスーパーでも秋になると手に入るアップルバター。毎年瓶詰めを購入していた我が家ですが、今年は手作りに挑戦してみました。いろいろレシピを研究してみたところ、作り方はいろいろ。何時間も弱火で煮込むものや、とてもアメリカ流のスロークッカー(低温で煮込める電気鍋)で作るものや、オーブンで仕上げる方法など、本当にいろいろとあるもんです。でも、基本は、まずりんごを柔らかく煮て、そして砂糖を加えて水分を飛ばして行くということ。そこでピンと来たのが、「これって、餡子??」ということ。だって、柔らかくなるまで茹でて裏ごしし、そして砂糖を加えて練り上げるという過程、何度もやったことあるよ!和菓子で!な〜んだ、バターと言っておきながら、日本人の私に言わせりゃ餡子だよ、これ。りんごの餡子!!

おいしいアップルバター

そう思うと、ますます創作意欲が湧いて来たのですが、なかなか餡子って作るには気合いがいるものです。今日は、日曜日ということもあり、ゆっくりできる日でもあるので、挑戦してみることにしました。私流、りんご餡、いやアップルバター。多くのレシピでは、たいていゆっくり弱火で水分を飛ばしていくんですが、私は砂糖を入れてからは中火で常にかき混ぜて水分飛ばしながら練り上げてみました。スパイスは好みで調整していただくといいと思いますが、素材の良さを味わうには、少量で良いと思います。

りんご、たっぷり1.5kg 使ったのですが、仕上がりは小さな瓶3本分ほど。鍋一杯のりんごの美味しさが、たっぷり凝縮されました。りんごの種類は、好みのものでいいと思います。ここでは、グラニースミスというアメリカでは料理によく使われる酸味たっぷりの緑色のりんごでしました。煮ると柔らかく崩れるようなタイプのりんごの方が、皮もすぐ剥がれるし裏ごししやすくて簡単に作れます。固めのりんごの場合は、最初に煮る時間を調整してすぐに潰れる程度になるまでたっぷり煮てください。

少々手間はかかりますが、出来上がりは大満足!これからは、アップルバターは毎年手作りでいこう!と決意したところでした。


5.0 from 1 reviews
おいしいアップルバター
 
材料
  • りんご 1.5kg
  • りんごジュース(100%で無添加のもの。アメリカではアップルサイダーを使います。)2カップ(240ml)
  • 砂糖 1.5カップ(300g)
  • シナモン 小さじ1
  • クローブ 小さじ1/4
作り方
  1. りんごは皮付きのまま、芯をとり適当な大きさ(8等分)に切り鍋に入れる。りんごジュースを加えて火にかけ、りんごが柔らかくなるまで40分ほど煮込む。(りんごの固さによって茹で時間を調整。)
  2. りんごが柔らかくなったら、荒めのざるを使って裏ごす。皮は取り除く。
  3. 裏ごししたりんごを鍋に戻し、砂糖、シナモン、クローブを加えて中火にかける。つねにかき混ぜながら水分を飛ばしていく。混ぜた時に鍋底が見えるようになって照りが付いてきたら出来上がり。(約40分から1時間ほど。)


おいしいアップルバター

ステップ1

おいしいアップルバター

りんごがクタクタになるまで煮ます。

おいしいアップルバター

ステップ2。荒めのざるで裏ごせば、結構楽にできます。

おいしいアップルバター

ステップ3

おいしいアップルバター

最初はとろとろ。沸騰すると跳ねるので気をつけて!

おいしいアップルバター

だんだん色が濃くなり、煮詰まってきます。

おいしいアップルバター

鍋底が見えるようになってくるまで水分を飛ばして。この辺まったく餡子と同じ。

おいしいアップルバター

出来上がりはこんな感じ。

おいしいアップルバター

パンにたっぷり塗って召し上がれ〜

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

6 コメント 6 件

  • 返信 yumi 2013年10月14日 at 12:33 AM

    これってアップルバターっていうんですか・・・
    実家の母とよく作りました
    我が家にはリンゴ作りの知り合いがあり傷リンゴや虫食いを山ほど頂戴する今頃の時期母とリンゴを煮てつぶして濾してと・・いいにおぉ~い・・のひと時を楽しみました。同時進行で私の大好きな栗のペーストができるのも秋の楽しみでしたよ
    思わぬところで母との思い出がよみがえりました
    ありがとうございました、今年は栗のペーストがおいしくできました

    • 返信 Yuko 2013年10月19日 at 10:36 AM

      yumi さん、こんにちは。そうなんですよ、アップルバターって日本人の耳には「は〜?」とピンとこないんですが、作り方みると納得するでしょ。
      どの国も、良く似たもの食べてるってことなんでしょうかね。
      栗のペーストいいですね〜!!秋になると、美味しいもののことばかり頭に浮かんで大変です。。。

  • 返信 ミホン 2013年11月1日 at 8:30 AM

    普通のあんこに混ぜても深みがでそうですよね。(なつめみたいに)
    アメリカいいですね!なんかその食文化に憧れみたいのを感じてしまいます。
    お気に入りにいれたので
    順繰りに読ませてもらいますー。

    • 返信 Yuko 2013年11月3日 at 9:05 PM

      なるほど、アップルバターをあんこに混ぜてみるのですね。白あんとかだとさらにいいかもですね。
      アメリカの食文化も悪くないでしょ(笑)日本の季節感あふれ風情あるものとはまったく別物なんですが、それはそれでなかなか奥深いんですよね。
      これからもよろしくお願いします〜!

  • 返信 Yuki Iwamoto 2013年11月12日 at 2:59 PM

    作りました!!リンゴとスパイスのいい香りで出来上がりが待ち遠しいかったです。次の日の朝早速食べました!たっぷりつけてもそこまで甘く感じずとっても美味しくできました。スライスチーズに挟んで食べるとチーズの塩分とりんごの甘みで最高に美味しかったです。今度はパイ生地に挟んでやってみます!!!

    • 返信 Yuko 2013年11月16日 at 7:26 PM

      Yuki さん、アップルバター作られたのですね。スライスチーズと合わせるというのも良いアイデアですね!フルーツと塩気のあるチーズは相性ばっちりですものね。
      パイ生地に挟むのもいいと思いますよ〜!

    コメントを残す

    Rate this recipe: