おいしいホワイトサングリア
飲み物

おいしいホワイトサングリア

早いものでもう6月です!アメリカは5月末のメモリアルデーの祭日を過ぎると、夏のバーベキューシーズンの始まり。家族や友達などたくさんの人が集まって、お庭やアウトドアで食事をしたりする機会も多くなるなか、みんなで楽しく頂ける冷たい大人の飲みものがサングリア。もともとスペインやポルトガルから来た、フルーツや柑橘類で味付けしたワインベースのドリンクですが、ここアメリカでもとってもポピュラー。赤ワインで作るのが典型的ですが、白ワインで作るホワイトサングリアもさっぱりしてなかなかいけます!


アメリカのアンオフィシャルBBQ解禁日であるメモリアルデーは、我が家も息子の誕生日会をかねてお友達ファミリーを呼び今年初めて外のグリルでハンバーガーを焼きました。初夏のように暑い日だったので、サングリアを作ってゲストをお待ちしたところ、なんと遊びに来てくれたお友達の一人も手作りのサングリアを持参!あちゃ〜、かぶったかな〜と思いきや、レシピや入っているフルーツが違うとこれまた味も違うもので、2種類のサングリアを楽しめたのでした。どちらも赤ワインベースのものだったんですが、うちのがオレンジやシトラス系にブランデーを合わせたオールドファッション的なサングリアだったのが、お友達が持って来てくれたのが生の桃が入ってフルーティーでちょっとスパイスも効いてるもので、これまた美味しかったんです!とりあえず、子供達にバーガー食べさせて、バースデーケーキを食べてお祝いすませてからも、大人達はゆっくり2種類のサングリアを長々といただいた楽しいひとときでした。

そんなサングリア三昧のパーティーからほぼ1週間。お友達の作った桃の風味のサングリアがまたどうしても飲みたくなった今日。パーティーでもなんでもないのに、作っちゃいました〜!アメリカンな旬のイエローピーチ(黄桃)に常備してあるシトラス類をあわせ、今度は白ワインベースのホワイトサングリア。ゲストは誰もこないけど、どかんとピッチャー一杯分。飲む気満々。

甘さ加減は砂糖の量を適当に調節してみてください。ここでは、甘すぎずもなく、辛くもなくという具合です。入れるフルーツも、りんごのスライスやベリー系を入れてもいいし、ぶどうやライチーなんかも面白いかも。果実酒のような感覚で、さっぱりグイグイいけます。シトラス系のソーダや炭酸水で割ってもいいし、ここではブランデーを少し入れましたが、お好みのリキュールにしてみたり、または省略してワインだけでも美味しいですよ。

これからますます暑くなるシーズン。お友達が集まってワイワイする時に、見かけも味もさっぱりなサングリアはいかが?


おいしいホワイトサングリア
 
材料
  • 砂糖 大さじ3
  • 水 大さじ3
  • 桃(ここでは黄桃)2個
  • オレンジ 1個
  • レモン 1個
  • ライム(またはレモンかオレンジで代用)1個
  • 白ワイン(ドライ系)1瓶
  • ブランデー(なくても良い)60ml
仕上げ
  • ミントの葉 適量
  • 好みでクラブソーダや柑橘系のソーダ水 適量
作り方
  1. 小鍋に砂糖と水を入れて混ぜ、一煮立ちして砂糖を溶かし、冷ましておく。
  2. 桃は薄めのくし切りに、柑橘類は種をのぞいて薄切りにする。
  3. 大きめのピッチャーやガラスのボウルに、仕上げの材料を除いたすべての材料を入れてひと混ぜし、そのまま冷蔵庫で4−5時間冷やす。
  4. グラスに氷を入れて、サングリアを注ぎ(フルーツスライスも添えて)、好みでソーダ水を足してミントの葉を飾る。ミントの葉を浸しても美味しいです。


アメリカの黄色の桃。もちろん白桃やネクタリンなどでもオッケー。

アメリカの黄色の桃。もちろん白桃やネクタリンなどでもオッケー。

柑橘類は輪切りに。

柑橘類は輪切りに。

全部ピッチャーに入れて混ぜて冷やすだけ。

全部ピッチャーに入れて混ぜて冷やすだけ。

出来上がり〜。

出来上がり〜。

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

コメントはありません

コメントを残す

Rate this recipe: