コーンドッグ
クイックブレッド

おいしいコーンドッグ

いや~、もう9月になろうかというのにまだまだ暑いです、南カリフォルニア。昨日クーラーが壊れて、家では暑さマックス、あじ~。しかもいつもならカラカラな夏ですが、最近湿気が随分多くなってきています。温暖化の影響がこんなところにも、なんでしょうか。長っかった子供の夏休みが終わりやっと学校が始まったので、この暑さにもかかわらず気分はもう秋。アメリカでは9月の第一月曜日のレイバーデーが終わると秋の始まりです。5月の終わりのメモリアルデーを皮切りに始まったバーベキュー三昧の日々もこの日で終わり(いや、いいんですよ、お好きなら1年中やっちゃってください)。

コーンドッグ作り方

何故かソーセージとは呼ばずホットドッグというんです。。。

みんながチキンやハンバーガーと共に夏の間にバーベキューし飽きただろうホットドッグ。アメリカではホットドッグって本当に人気があるんですよね、大人にも子供にも。ホットドッグとは、お馴染みのパンにはさんだものもなんですが、ソーセージ自体のこともそう呼ぶんです。保存料や食品添加物の宝庫であるホットドッグなので、普段食べることはあまりないんですが、時々無性に食べたくなることがあります。随分前の話になりますが、妊娠後期に何故か食べたくてしょうがなかったホットドッグ。。。特にコーンドッグが。ある日友達とショッピングモールのフードコートに行って、友達が自分の食事をテーブルに運んで来たときには、わたしは既にコーンドッグを完食していてびっくりされたことが。。。待ちきれずに貪り食ってしまいました。それにしてもなんでホットドッグがそんなに食べたかったのか、今では謎です。

コーンドッグとはホットドッグにコーンミール入りの生地をつけて揚げたもの。日本ではアメリカンドッグとして知られていますよね。コーンミールのプチプチした食感が面白いちょっと甘めの生地と、しょっぱいホットドッグのコンビネーションが格別です。あの長いホットドッグで作るとなると、大量の油を使うことになるので家で作ることは考えたことがなかったんですが、ホットドッグを2等分にすると、小さ目の家庭でも揚げやすいサイズのものが作れます。ホームメイドの揚げたてアツアツのコーンドッグはやっぱり美味しい!子供にも夫にも大好評でした。お好みでケチャップやイエローマスタードをつけて。是非お試しあれ!

おいしいコーンドッグ
下準備時間: 
調理時間: 
調理時間(すべての過程): 
分量: 12本
 
材料
  • コーンミール 1カップ (約180g)
  • 中力粉 1カップ (約130g)
  • ベーキングパウダー 小さじ4
  • 砂糖 1/4カップと大さじ2 (約80g)
  • 塩 小さじ1/4
  • たまご 1個
  • 牛乳 1カップ (240ml)
  • ホットドッグ 6本
作り方
  1. コーンミール、中力粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩をボールに入れて混ぜる。たまご、牛乳を入れよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で1時間休ませる。
  2. ホットドッグを2等分に切る。串にさし、小麦粉(分量外)をまぶす。
  3. 準備しておいた生地をつける。摂氏180度(華氏360度)に熱した揚げ油で、途中返しながら3-4分揚げる。

 

コーンドッグ作り方1-1

ステップ1-2

コーンドッグ作り方1-2

ステップ1-2

コーンドッグ作り方2-1

ステップ2-1

コーンドッグ作り方2-2

ステップ2-2

コーンドッグ作り方3-1

ステップ3-1

コーンドッグ作り方3-2

ステップ3-2

 

 

 

 

 

 

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

コメントはありません

コメントを残す

Rate this recipe: