おいしいオレンジピール
その他のお菓子

おいしいオレンジピール


年間を通して穏やかな気候のここサンディエゴでは、お庭にオレンジやレモン、グレープフルーツなどの柑橘類の木があるお家も少なくありません。我が家の裏庭にも、オレンジの木が2本とグレープフルーツが1本あるので、木からそのままもぎ取って、オレンジジュースにしたりお菓子やお料理に使ったりできるんです。今日は、無農薬だからこそできる皮を使ったお菓子、オレンジピールを作ってみました。


数ヶ月前から実がなりだしたこのオレンジ、2週間おきくらいに「甘くなってくるかな〜?」と1つ取っては味見をしてきたのですが、なかなか甘くならない。毎年、娘の誕生日近くの2月末から3月頃には食べ頃だったんですけどね。今年はなぜかなかなか甘くならない。そうこうしていると、先日、庭を掃除していたら、中身が空洞のオレンジの皮がポロンと一つ木の下に落ちているではないですか!この辺り結構田舎なので、まああっちこっちにいろいろな動物が住んでいるんですよね。犬の散歩中に、野うさぎやリス、野ネズミに出くわすこともしょっちゅう。(その度に一応は猟犬であるうちのワンコは大興奮で。。。)そしてその動物達は、美味しい食べ物を良く知っているんです!お友達が夏に毎年育てている美味しいトマトもそうなんですが、甘くなると食べにくる=甘くないと食べにこないんですよ。ちょうど、「あと少しおいておけばいいかな〜」と思っている時に限って、やられたり。そんなことですから、空洞のオレンジの皮を発見した時には、「あ!もう食べごろ?!」とすぐにわかりました。で味を見てみると、はい、やはり食べごろでした。

それで、「xxx家のオレンジは食べごろだよ!」という噂がたたない間に、動物が届くような枝近くのものはすべて取ってしまおうということで、日曜日に家族総出で大収穫しました!まあでもこれ何しろ大きな木なので、結構な重労働なんです。身長の差を良い口実に、主人にほとんど頑張ってもらいましたけど。。。あと息子が三輪車で運んでました。去年は、ぐずぐずしていたら動物に先こされ、毎日が動物との戦いになってしまい、仕舞には頭にきて一日で全部とって、それも気持ちが悪いので捨ててしまったということがあったので、今年は自分たちが食べられるようにやられる前に速攻収穫ってことにしたんです。上の方の届かないところは、ゆっくり楽しめるように残してね。なので、た〜っぷり採れました。ご近所さんにたくさんもらってもらい、そして学校のお母さん達にも大袋を一袋ずつもらってもらい、それでもまだまだあります。当分は朝食にオレンジジュース買うことないですね。

オレンジはお菓子作りやお料理にも重宝するんですが、この量のオレンジをゆっくりいただくには、やはりマーマレードかオレンジピールか。。。ですよね。マーマレードは私しか食べないので、作りがいがないし、瓶詰めするのが面倒だし。。。という理由でパス。そしてオレンジピール。マーマレードが嫌いな子供達が食べるかな〜??と半信半疑で、でも私が一人でちょびちょび食べればいいかと、まあ試しに作ってみたところ、これが上出来!(自分で言ってどうする!)皮を薄めにしたので、渋くなく苦くなく、でもオレンジの風味はたっぷり。作りながら、まだ乾燥していないものをついついつまみ食いして、そうしているうちに横から「これなあに〜?」と子供がのぞきに来て、みんなで味見。おいしい!子供達も、「おいしい!」だと。やはりおいしいものは、おいしいって思うのね。

スタンダードにお砂糖をまぶしたものもいいですし、そして私の好物がチョコがけ。これ、ヤバいです。アメリカのキャンディーショップやチョコレート専門店などでもみかけるオレンジピールのチョコがけ。自分で言うのもなんですが、うちの自家製オレンジで自分で作った方が美味しい。なんでだろ。そして安い!それも今日は準備不足で、残り物のチョコレートチップをチンして溶かしたものにディップしただけなんですけどね。たくさんできなかったから、あっという間になくなりました。(え?写真にたくさん写ってるよって?)今度は、ちゃんと美味しいダークチョコレート買ってきて、もっと作ってみようっと。

お友達に、「オレンジピールできたらあげるね〜!」と宣言したものの、今回作ったものはもう半分以上なくなってしまいました。。。おそろしいかな、マイファミリー。。。大丈夫、まだまだオレンジはあるから。砂糖さえありゃいつだってできます。

日本にお住まいの方、オレンジピールするには国産の無農薬のオレンジが良いそうです。カリフォルニアから輸入される柑橘類は、出荷前にスプレーされるんですって。アメリカでも、ファーマーズマーケットなどで手に入るオーガニックのものなら安心ですね。やはり農薬のかかった皮は食べたくないですからね。思ったより簡単で手軽にできるオレンジピール。コーヒーや紅茶との相性も良く、ちょっとしたお茶請けにもぴったりです。


おいしいオレンジピール
 
材料
  • オレンジ(小さめ)4個(または大2−3個)
  • 砂糖 1カップ(200g)
  • 水 1カップ(240ml)
  • 砂糖(コーティング用)適量
  • チョコレート(好みで)適量
作り方
  1. オレンジはスポンジなどを使って表面をよく洗い、上下を少し切り落として縦に数カ所切り込みを入れ(皮の部分だけ)皮を剥がすようにむく。
  2. 小さなナイフなどを使い、皮の内側の白い部分をごく薄く残して取り除く。苦みのある方が好きな場合は、白い部分を多く残してもOK。適当な大きさに切りそろえる。
  3. 2のオレンジを鍋に入れ、水をオレンジがひたひたにかぶる程度に入れて火にかける。沸騰したら3分ほど煮やし、ざるにあけて湯をきり冷水でさっと洗う。もう1度同じ要領で鍋に入れて火にかけ、3分ほど煮やしたらざるにあげてさっと洗う。
  4. 鍋に砂糖と水を入れて火にかけ、煮えたら3のオレンジを入れ、再び沸騰したら弱火にして45分ほど煮詰める。途中、砂糖が煮詰まってくるので、焦げないようにする。
  5. 砂糖液がシロップ状になり、オレンジの皮に透明感がでてきたら火から下ろす。
  6. 網の上にベーキング用の紙をしき、オレンジを並べて乾かす。
  7. 半乾きになったところで、砂糖をまぶしたり、溶かしチョコレートにディップする。(または両方してもOK。)再び新しい紙の上に並べて完全に乾かす。(半日から1−2日。)乾くスピードは室内の温度や湿度によって異なります。


おいしいオレンジピール

オレンジは皮の部分だけに縦にナイフに切り目を入れて剥くと剥きやすい。

おいしいオレンジピール

ひたすら剥き剥き。。。残ったオレンジも食べるよ。

おいしいオレンジピール

次に白い部分をできるだけナイフでとる。この作業で、苦さが大違い。きっとうちの子供達もこのピールが好きなのは、苦みを抑えたからかな。

おいしいオレンジピール

こんな感じ。大きいのがよければこのままでもいけそう。

おいしいオレンジピール

食べやすいように縦にスティックっぽくカット。

おいしいオレンジピール

まずは茹でる。水から茹でて、洗って、水を換え。。。を2回。

おいしいオレンジピール

次はお砂糖と水のシロップで弱火で煮ていく。

おいしいオレンジピール

とろ〜んとしたシロップ状になってオレンジに透明感がでてきたらOK。最後の方、焦げ付かないように気をつける。

おいしいオレンジピール

とりあえずは、少し乾かす。

おいしいオレンジピール

そして砂糖にまぶしたり、溶かしチョコにディップしたり。

おいしいオレンジピール

再びきれいなペーパーの上に並べて乾かす。湿度によって違うけれど、数時間から1日程度?

おいしいオレンジピール

う〜ん、美味しい!

前の投稿 次の投稿

こちらもチェック!

コメントはありません

コメントを残す

Rate this recipe: